無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第93話

入らないで
…陽菜の部屋の前…
コンコン
グク
グク
陽菜入るよ
陽菜
陽菜
入らないで
グク
グク
えっ
陽菜
陽菜
入らないで
グク
グク
なんで?
僕たちはドアを開けないで話した
陽菜
陽菜
聞いたんでしょ?
ジミン
ジミン
聞いたから陽菜話しをしたくて
陽菜
陽菜
話って何?私が死ぬ話?
ラプモン
ラプモン
違う!!
陽菜
陽菜
じゃあなんなの…私を慰めに来たの?
ジン
ジン
そう言う訳じゃ…
テテ
テテ
ただ俺たちは話をしたいだけ
陽菜
陽菜
何の話をするって言うの!!私は死ぬから可哀想とか思ってるの!?
シュガ
シュガ
違う陽菜!!話を聞いて
陽菜
陽菜
聞きたくない!!
ホソク
ホソク
お願いだから!!
陽菜
陽菜
私には何も話す事はない!!
ガチャガチャ
グク
グク
陽菜鍵をかけて
陽菜
陽菜
嫌だ
グク
グク
開けて
陽菜
陽菜
何で命令されないといけないの
グク
グク
開けて陽菜
陽菜
陽菜
嫌だ嫌だ嫌だ!!
僕は無理矢理鍵を開けた
ガチャ!!
陽菜
陽菜
何で開けたの!!開けないでって言ったじゃん
陽菜はベッドの上で体操座りをしていた…今にも泣きそうなのを必死に我慢していた
グク
グク
陽菜
陽菜
陽菜
何よ
僕は陽菜に近づいたそして…
ちゅっ
陽菜
陽菜
えっ
僕は陽菜にキスをして抱きついた
グク
グク
陽菜…辛かったね…ごめん
陽菜
陽菜
えっ…何で