前の話
一覧へ
次の話

第20話

学校での騒ぎ (なまえ)side
433
2022/01/26 15:15
私達は学校の校門まで来た
私と一織君、隼人は途中で止まった
桃川裕美子
桃川裕美子

黒川君?
黒川隼人
黒川隼人
先に教室行ってて
裕美子
桃川裕美子
桃川裕美子
う、うん
和泉一織
和泉一織
やはりいましたね
黒川(なまえ)
黒川あなた
分かってはいたけど
やっぱり…………
怖いわ
黒川隼人
黒川隼人
大丈夫
俺達がいるから
和泉一織
和泉一織
1度このまま進んでみましょう
黒川(なまえ)
黒川あなた
えぇ
私と一織君、隼人は無言で歩き
校門まで行くと
突然私は腕を掴まれた
黒川(なまえ)
黒川あなた
?!
和泉一織
和泉一織
やはりこうなりますか
黒川諒人
黒川諒人
あなた
帰るぞ
黒川(なまえ)
黒川あなた
い、嫌‼️
私は勇気を振り絞って腕を振り切って一織君の後ろに隠れた
モブ1
モブ1
なになに?
喧嘩?
モブ2
モブ2
あれって
黒川会長とIDOLiSH7の和泉と会長の弟の隼人?
モブ2
モブ2
何?
あの男の人
黒川会長が怖がっているのに
無理に連れて行こうとしてる?
モブ1
モブ1
誘拐犯?
モブ1
モブ1
怖いわ
モブ2
モブ2
警察に通報しよう
モブ1
モブ1
それがいいな
周りがざわついている
和泉一織
和泉一織
諒人さん
貴方は
彼女のことを家族だとは思っていませんね
黒川諒人
黒川諒人
そんなことあるもんか
黒川隼人
黒川隼人
てめぇは姉貴をただの奴隷としか思ってねぇだろ!!
和泉一織
和泉一織
それに
私の後ろで怯えているのが証拠です
警察
警察
すみません
失礼します
黒川(なまえ)
黒川あなた

貴方は
警察
警察
学校の校門前で揉め事をしていると通報がありましたが
貴方がたでしたか
和泉一織
和泉一織
お知り合いですか?
警察
警察
彼女が以前交番まで来たことがありましたので
黒川(なまえ)
黒川あなた
貴方が来てくださって良かった
私は知っている警察官に来て貰えて少し落ち着いた

プリ小説オーディオドラマ