無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第36話

サプライズ②
おはようございます、皆さん

本日7時半起床、早めに楽屋に行って、作戦会議です
慧
おはよ
あなた
あなた
慧、起きる早くないー?いつももっと遅い笑
慧
あー、昨日言うの全く忘れてたんだけどさ、今日いたジャンの撮影入ったわ
慧
わりい
知らなかったふり、知らなかったふり、
あなた
あなた
そーなの?わかった頑張ってね
演技って意外と難しいね

そう考えると役者さんってすごいな
あなた
あなた
朝ごはんすぐ作るね〜
誕生日ってことは話に触れない、その方が都合いいでしょ??

いつもだったら朝一で祝ってるけどね?笑
そのあと、朝ごはんを二人で食べ、お互い準備する

慧
あれ、今日あなた友達と出かけるんだよね?
あなた
あなた
うんそうだよー
慧には、昨日から言ってある

“友達と出かける”と。

慧はいくまでにまだしばらく時間があるからソファに座ってまったりしている様子
ぱぱっと支度をすませ、靴を履く
慧
え?もう行くの?
あなた
あなた
もう行くよー?慧お仕事頑張ってね
さすがに、もう気づいてるよね

自分の誕生日なのに私がなんも言わないから笑
慧
俺...
慧
今日誕生日だった気がするんだが。
控えめに慧がポツリ、と言う

そんなこと言われたらなんか切なくなってきちゃったじゃん笑
あなた
あなた
あ、!そうだ
あなた
あなた
おめでとう!!
さすがにちょっとかわいそうかな?って思ったけど、急いでるからってその場から逃げる
慧
うん...行ってらっしゃい、
慧の方を振り向かないで、ガチャっとドアを開ける

だって、振り向いたらぎゅーしたくなっちゃう(泣)

ごめんね、慧これから祝うからね?!!

胸の中はもやもやと切なさと罪悪感でいっぱいだった
バスに乗り継ぎ、楽屋につく
宏太
宏太
おっ、あなたちゃん来た〜〜
光
あと、大ちゃんだけだな
侑李
侑李
どうだった?朝は
そう言われて、朝の出来事を話す
涼介
涼介
うわ〜〜伊野ちゃん切ない笑
裕翔
裕翔
奥さんに忘れられるは悲しいね笑
光
大丈夫だよ、これからだから!笑
そうだよこんなことも笑い話になるって!笑
大貴
大貴
ごめん!!遅れた!
みんなで笑ってると、勢いよくドアを開けて、大ちゃんが走り込んできた
侑李
侑李
大貴遅ーーーい
裕翔
裕翔
いつものことじゃん
みんなが一斉に冷たい目線を送る笑
大貴
大貴
ごめんってば..笑
涼介
涼介
さあ、丁度いいブスはほっといて作戦会議の続き!
光
だな
あなた
あなた
やろやろ
大貴
大貴
おい!あなたまでそんなこと言うなよ!(泣)
裕翔
裕翔
もう、しょうがないから大ちゃんも入れて作戦会議するよ
なんだかんだ、みんな仲良しな温かいJUMPさんたち
宏太
宏太
なんならさ、いたジャンののスタジオ使うか?笑
光
じゃあ、わかった
光
伊野ちゃんふつーに来て、俺らもふつーに楽屋にいてさ
光
衣装着替えて、スタジオ入った瞬間おめでとー!!!みたいな?
裕翔
裕翔
光くん冴えてるう〜〜!
宏太
宏太
よし、決定だな
決まったあとは、スタッフさんにも手伝って貰って、スタジオをちょっと飾った
あとは、待つだけだね〜〜

私は楽屋にいたらダメだよね?笑笑

出かけてる設定だからね、スタジオで待機です笑
宏太
宏太
じゃ、みんな作戦どーりよろしくね〜〜
慧の誕生日サプライズが始まりましたよ ♪

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いのゆう♡
いのゆう♡
いいね、お気に入り登録、コメント 本当に励みになります!♡ ※作者伊野尾担です
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る