無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

267
2021/06/30

第7話

今日から妹3
ハンジ
ハンジ
この子は、あなた!

色々あって、私の妹になったんだよ〜✧*。(ˊᗜˋ*)✧*。
エルヴィン
エルヴィン
そうか、

わたしはエルヴィンだ、

よろしくねニコッ
(なまえ)
あなた
はっ、はい

よろしくです!ニコッ
エルヴィン
エルヴィン


(。-ω-ヾ(>᎑<`๑)
(なまえ)
あなた
(*´∀`*)
みんな
みんな
(リヴァイ&ハンジ)

💭なにこのやり取り
可愛すぎるだろっ!
エルヴィン
エルヴィン
それで、ハンジあなたは、いくつなんだ?
ハンジ
ハンジ
ん〜
それが分からないんだよね〜

あなたも、記憶がないみたいで💦
リヴァイ
リヴァイ
ちょうど今度入ってくる104期訓練兵になる予定の奴らと同じくらいじゃねぇのか
エルヴィン
エルヴィン
確かにそうだな。

あなた、104期訓練兵に入って、調査兵団においで
(なまえ)
あなた
訓練兵?  調査兵団?
ハンジ
ハンジ
エッ!?エルヴィンホントに言ってるの?
エルヴィン
エルヴィン
あぁこの子は大物になる気がするんだ
ハンジ
ハンジ
あなたはどうするの?
(なまえ)
あなた
?わかんない
ハンジ
ハンジ
あぁそうだね説明しなきゃ💦
ハンジ
ハンジ
じゃあ宿舎に戻ってからにしよう!
エルヴィン
エルヴィン
そうだな。
リヴァイ
リヴァイ
行くぞ
パカッパカッパカッ
ハンジ
ハンジ
着いたよ〜
(なまえ)
あなた
(*˘︶˘*)スヤァ
ハンジ
ハンジ
って寝ちゃってるよ〜
メメメΣ(●´д`●)メチャカワァー
エルヴィン
エルヴィン
きっと疲れているんだね。

1部屋リヴァイの隣に空き部屋があるだろう。

そこで寝かせて明日話を聞こう。
ハンジ
ハンジ
そうだね〜
ハンジ
ハンジ
あっでもわたしは会議があるからあなたを部屋まで運べない
エルヴィン
エルヴィン
私もだ
エルヴィン
エルヴィン
リヴァイ頼めるか?
リヴァイ
リヴァイ
了解だエルヴィン

姫抱きをする
ハンジ
ハンジ
おぉリヴァイ男前〜
リヴァイ
リヴァイ
ヽ( ・∀・)ノ┌┛ガッΣ(ノ* )ノ
ハンジ
ハンジ
痛いよぉリヴァイ!
少しは加減を(((
エルヴィン
エルヴィン
起きてしまうよ
ハンジ
ハンジ
そうだね

じゃあリヴァイあなたのことよろしくね〜
リヴァイ
リヴァイ
チッうるせぇ



運ぶ
(なまえ)
あなた
( ु⁎ᴗ_ᴗ⁎)ु.。oO

ポロッ(。>ㅿ<。)

かぁさんとぉさんどごぉポロポロ
リヴァイ
リヴァイ
頭を撫でる
(なまえ)
あなた
ヒックヒック…zzZ
リヴァイ
リヴァイ



部屋に着いた



あなたをベットに置く。
リヴァイ
リヴァイ
おやすみな、あなた


ガチャ(ドアを閉める