無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

気になるあいつはポンチョーヌ
「早く逃げろと言っただろう!」
不意に投げかけられた言葉にハッとする。
(やっぱイケボだわぁ..///)
私は今、おそ松さんを鑑賞中。
エンディングで響く彼の声は勿論、本編の彼の声も大好き。
男らしくて、カッコよくて、童顔の彼。

『福山潤』

私は、彼に夢中なんだ。

今日も今日とて、彼の声にすがりつくw



私は、仕事とは別に趣味で動画配信をやっている。
歌ってみた動画とか、ゲーム実況なんかもやってる。
その為か、歌い手としてステージに立つこともある。
たまに、どえらい人と生放送に出ることも。
今日は、その打ち合わせで某所に来てる。
「では、そんな感じでよろしくお願いします。」
スタッフの声にこちらもお願いしますと挨拶して、打ち合わせを締めようとした時、スタッフが思い出したように口を開いた。
「そう言えば、対談の話が来てるよ」
「対談ですか?」
「そう、声優男子っていう雑誌の対談」
へっ?!声優男子って、、、
ええええぇぇぇぇーฅ=͟͟͞͞((꒪∆꒪;)ฅ
私は、突然の事に言葉を失った。
で、でも、多分中村悠一だろうw
ゲーム実況やってる傍ら、彼とは何回か仕事で一緒になったことがある。
だから今回もゲーム対談になるだろうw
と思って、スタッフに恐る恐る聞いてみる。
「対談相手って誰ですか?」
「福山潤さんだよ」
ファッ?!?!ヽ ( ꒪д꒪ lll)ノ
う、、、う、そ、、?!
「福山さんの方から、是非対談したいってオファーがあってね」

な、ナンダッテー!=͟͟͞͞(꒪ᗜ꒪ ‧̣̥̇)

信じられない。憧れの福山さんに会えるなんて。

それから、スタッフさんの話が頭に入ってこなかったのは秘密ですw

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

紅華
紅華
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る