第13話

夕方頃は、賑やか!!②
作者
作者
風邪の小説を、ノンジャンルで投稿いたします!
及川徹
及川徹
タグは、#風邪 #ハイキュー!!
だよ〜!
影山飛雄
影山飛雄
よろしくな
▲▽▲▽▲▽▲スタート▽▲▽▲▽▲▽
4対4

猫チーム
·黒尾 ·夜久 ·灰羽 ·月島

梟チーム
·木兎 ·赤葦 ·翔陽 ·あなた 
もう一度
スタート!
光太郎  「赤葦!もってこい!」

京治   「木兎さん」

夜久   「ヨッ!」

光太郎  「あー!拾われた!!」



リエーフ 「俺が打つ!」

クロ   「言わなくても良いしw」

京治   『威力が強い…でもあなたなら、』

あなた  「ヨッ!」

京治   『やっぱり』

クロ   『綺麗に拾うなぁー』

リエーフ 「スッゲ!!!レシーブ上手!」

あなた  「へへっ!ありがとう!」




翔陽   「俺にもってこぉぉい!」


クロ   「ツッキー!」

バシッ←ボールをブロック


ツッキー 「ニヤッ」

クロ   「ニヤッ」

あなた  「クロとツッキーって似てるw」

光太郎  「確かにな!」

ツッキー 「やめてください…」

クロ   「ひどっ!!」

ツッキー 「ひどくないとおもいます…」

笑笑

食堂へ向かう
天童   「ねぇ、若利くーん
!」

牛若   「?(´~`)モグモグ」

天童   「あの子、誰かわかる?」

牛若   「わからん」

天童   「可愛いね」

牛若   「あぁ、そうだな」

瀬見   「若利が、そんな事言うなんて珍しいな」

牛若   「?(´~`)モグモグ」

天童   「いつまで食べてんのさ!」

瀬見   「口の中に、入れ過ぎ…」

瀬見   「ハムスターみたいだなw」

天童   「確かに!」

白布   「牛島さんって、天然ですね」

天童   「天然過ぎて困るけど…」

笑笑

クロ   「おーい!白鳥沢のみなさーん」

天童   「なーにー?」

クロ   「お前らが気になっている子の名前は、あなただぞ?」

瀬見   「へー」  

クロ   「それに、牛若と同じぐらいに、天然だぞ?」

天童   「フヒャヒャヒャヒャヒャ!まじかー!想像できねぇー!」

牛若   「だな」
あなた  「てっちゃん!何してるの?一緒に食べよ!」

クロ   「おう!いいぞー!」

クロ   「またな白鳥沢のみなさん」

牛若   「(´~`)モグモグ」

天童   「口の中入れ過ぎw」

あなた  「またね!👋」

天童   「今の笑顔可愛くなかった?若利くん!」

牛若   「………」

天童   「ありゃ?口の動き止まってる…」

瀬見   「笑笑 若利今、ドキッとしたんじゃね?」

天童   「うひゃお!まじかー!」

牛若   「うるさい」

瀬見 天童「え、今の可愛くない?笑」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
作者
作者
牛若ちゃんだいすきなんだぁ!
及川徹
及川徹
え?俺じゃないの?
作者
作者
うんw
岩泉一
岩泉一
ふっ!ふられてやがるw
及川徹
及川徹
ひど!
作者
作者
徹よりも、岩ちゃんの方がすき!
岩泉一
岩泉一
あ、ありがとう…
及川徹
及川徹
ひど!
作者
作者
でも、一番は木兎さんと、赤葦かな!
影山飛雄
影山飛雄
最近俺の出番ないんだけど?
作者
作者
ごめんなしゃい!
作者
作者
じゃあ、今からセリフ出すね!
影山飛雄
影山飛雄
次回
嫌だ!
よろしくな!
作者
作者
ほら!出番あった!
及川徹
及川徹
www確かにあった
じゃ、またね!
岩泉一
岩泉一
また
影山飛雄
影山飛雄
そういうのじゃないし!
ばいばい…
作者
作者
どういうの?ニヤッ
またね!