前の話
一覧へ
次の話

第37話

合宿10
−3日目の朝−

???  「あなた!起きて!」

あなた  「…っん、んだよ…!」

???  「マネの仕事あるんでしょ!起きな!」

あなた  「あ゛??」

さーや  「あなた〜!おはよ!」

あなた  「え、さーや?!…とりま、おはよ!」



あなた  「ねぇ、私さ…白鳥沢の部屋にいなかった?!夢?!」

那織   「夢じゃねぇぞ」


あなた  「え、じゃあ…なんでここに…?」

絵里菜  「私が覚達のいるところに迎えに行ったんだよ〜」


あなた  「絵里菜ちゃん…!!ありがと!」

絵里菜  「いいえ〜」


さーや  「は〜…あなたの笑顔かわいい…好き…」

あなた  「さーや…?私も大好き!!」

さーや  「うん、ありがとね!」


結衣   「ほら!イチャイチャしないで、マネの所に行ってきな!」

あなた  「ゆいゆい!おはよ〜!行ってきまーす!」

ユース  「行ってらー!👋」


―――――――――――――――――――――――
−食堂−

あなた  「おはようございます」

シーン…

あなた  「ありゃ、誰もいない…」

あなた  「とにかく、朝ご飯作らねば…!」



泉    「あなたちゃ〜ん!おはよぉ〜!」

あなた  「おはようございます」

泉    「どこで寝たのぉ〜?まさか、外ぉ〜?さっむぅ〜!(笑)」


あなた  『(う〜ん…白鳥沢の部屋って言ったら、怒りそう…よし)』


あなた  「外じゃ流石に寒いので、保健室に行って寝ました」

泉    「(・д・)チッ あっそ」

泉    「とりあえず、朝ご飯早く作れよ」


あなた  「は?いや、今日青城が担当なんですけど…」

泉    「何?文句?あ、もしかして…もっと虐めてほしいのかな~?」

泉    「ドM?!笑笑」


あなた  『(うっわ…うっざ〜!)』


あなた  「わかりました…じゃ、私が作りますよ」

泉    「お、よろしく〜」


あなたside
う〜ん、何作ろうかな…


どうせ、泉先輩の事だから

『私が〜作ったんですよぉ〜』

とか、言うんだろうな…


だから、早めに終わらせないと行けないから…


今、ご飯炊いてるでしょ?

あ、味噌汁作ろ




これじゃ、めっちゃ時間余りそう…

人参お花にしよ〜っと


お、上出来♪


ん?誰かいるな…
あなた  「誰ですか?」

???  「あ、バレた」


あなた  「えっと…白布さん…ですよね?」

白布   「うん。」


あなた  「なんですか?」

白布   「部屋に忘れ物。」

あなた  「ありがとうございます」


白布   「それと、もう一人のマネは?」

あなた  「用事があるそうです。どっか行きましたね。」


白布   「ふーん、ま、いいや。」


白布   「ねぇ、ユースでしょ」

あなた  「っえ……」