第33話

合宿6😅
-合宿2日目の朝-

あなた side
ガチャッ

どうしてこんなに朝は眠いんだ…


「はざまーす。」

『おはよございます…』

「はよ……」


皆さん眠そうですな。 



私も眠いよ…分かる。


トンッ


あなた  「ふぎゃっ?!」


え?!死ぬ?!

階段から落ちる〜!!


フワッ


あ、浮いた。

も、無理だ…


ポスッ

あなた  「ん?いた、くない?」

及川   「あの、あなたさん…?」

及川   「大丈夫ですか…?」


え、ごめんさい…

てか、何で『あなたさん』?


及川   「ユースの皆さん呼んできましょうか…?」


あ、ユースの姿なのか…
(髪の毛下ろしてます、ロングヘアー)


あなた  「徹さん!ごめんなさい!ありがとうございます!」

及川   「え?…徹さん…?」

あなた  「 」

あなた  「し、失礼ましたー!!!!!」



うわ!ヤバ!バレた〜!!!


さーや  「あ!あなた!体育館行こー!」

あなた  「うん!」


でも、誰かにおされたような…

あなた  「あ!!ヘアゴムがない!」


あなた side end

及川 side
え?

『徹さん』って呼ぶ人はあなただけだよ…?

意味わかんない


確かに似てたような…


てか、体重軽っ!

失礼だね!うん!ごめんね!

いや、ユースなんだからもう少し重いのかと…


及川 side end
??? side

え?

髪の毛ほどけたら、ユースのあなたさん…?!?!

少しわからん…


ぶつかった時、支えられなかった…

ごめん…


??? side end
-in体育館-

監督   「皆おはよう。」

監督   「眠そうだなw」

監督   「今日からユースの皆さんが参加してくださる。」

監督   「だか、女子の方のみだ。」

監督   「ホワホワすんじゃねぇぞ。」

部員   「ウス!w」


監督   「それじゃ、研二監督お願いします。」

研二   「はい。」


研二   「おはよう、皆。」

研二   「自己紹介からだな。」

研二   「俺の名前は影山研二。ユースバレー女子の監督だ。よろしくな。」

部員   「お願いしゃーす!!」


研二   「次、お前らな。」

ユース  「はいほ〜」


結衣   「チームリーダーの九条結衣です。MBだよ。」

彩音   「ユースはたくさん人いるんだ。けど今回来てるのはAチームなんだよ〜。」

那織   「自己紹介…」

彩音   「あ!ごめんね~。神崎彩音。WSだよ。よろしくね~!」

彩音   「次は…絵里菜ちゃん!」

絵里菜  「りょーかい!」

絵里菜  「Lの赤木絵里菜です!よろ!」

絵里菜  「なーお!」

那織   「はいはい。」

那織   「谷崎那織です。WSです。よろしくお願いします!」

みき   「次私ねー!」

みき   「梶野みきだよ!Sでーす!よろしくね!」

さーや  「うぇーい!」

木兎   「うぇーい!!!」

さーや  「そこの『うるさいバカ』の妹の、木兎さーやです!WSね!」

木兎   「バカってなんだ!!バカって!!」

さーや  「あなた。次どーぞ」

あなた  「あ、うん。」

あなた  「代々木あなたです。MB…よろしく。」

   
研二   「質問とかあるかな?」 



研二   「ないみたいやな!んじゃ、練習開始!」

部員   「ぅアス!!!」