第3話

及川さんは、やっぱりあのひとだ!
作者
作者
お気に入り登録してくれたお方が…たくさんいらっしゃる。嬉しい!!!
影山飛雄
影山飛雄
良かったな
作者
作者
うん!
影山飛雄
影山飛雄
これからも、頑張れよ。文字無理だけど…
作者
作者
うんw ありがと
影山飛雄
影山飛雄
あれ?及川さんは?
作者
作者
いないね、まあ、いっか!
▲▽▲▽▲▽▲スタート▽▲▽▲▽▲▽
入部届けを書き中…
あなた  「書けました!」

???  『ん、ありがとう』

あなた  「明日から、よろしくお願いします!」

???  「おう!待ってるぞ!」

あなた  「はい!」

???  『(どっかで、見た事あるような…)』 

翌日…
ガラッ 

あなた  「失礼します!」

???  「お、自己紹介するぞ!」

自己紹介
及川   「及川徹だよ!セッター!主将やってまーす!よろしくね☆」

パチパチ 

岩泉   「岩泉一だ!ウイングスパイカー!副主将だ!よろしく!」

パチパチ

……………
自己紹介は、残りあなただけになった。↑他の皆さんを省いてすみません。
あなた  「影山あなたです。えと…よろしくお願いします。」

パチパチ
  
及川   「え?影山ってあの?」 

あなた  「あのとは?」

及川   「飛雄ちゃんの妹?」

あなた  「あ、はいそうです。」

及川   「やっぱり!あなたちゃんだ!久しぶりだね!」

あなた  「?………あ!徹さん?」

岩泉   「おい、お前ら、知り合いか?」 

及川   「うん!岩ちゃん!」

及川   「中学の時に、いた王様の妹だよ!」

岩泉   「あ~!あのおんな!」

及川   「懐かしい!前より、美人になったね!」

あなた  「あ、ありがとうございます…。」

岩泉   「でも、妹?影山と同じ年代だよな?」

あなた  「はい。そうですよ」

及川   「フフッ岩ちゃん!双子だよ。」

岩泉   「そうだったか?」

花巻   「双子?すげぇな

  
及川   「とりあえず、またよろしくね!」

あなた   「はい!」

及川side

あなたちゃん、めっちゃ可愛くなってた…!びっくりした。
飛雄と性格違ってきたな…

飛雄は、あなたちゃんが、入ってきた事知ってるだろうか…

あなたちゃん、入って大丈夫なのかな?






あなたside

徹さんだ!久しぶりにあったから、わかんなかった!

やっぱり、お兄ちゃんには、まだ、言えないかもな…
家に着!
あなた  「ただいま」

あなた  「お兄ちゃん?まだ、帰ってきてないんだ…ご飯作って待っておこう」



影山   「ただいま」

影山   「遅くなった!」

あなた  「ご飯食べよ!」

影山   「おう!」





あなた  「お兄ちゃんおやすみ」 

影山   「おう、おやすみ」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
作者
作者
どう?
影山飛雄
影山飛雄
俺、なんで帰るの遅くなったんだ?覚えてねぇ…
作者
作者
覚えてないんだ笑笑
影山飛雄
影山飛雄
うん…
影山飛雄
影山飛雄
及川さんより、俺の方が出番少ないなんて!
作者
作者
wごめんね。
影山飛雄
影山飛雄
あれ?及川さん、まだ居ないんだ
作者
作者
居ないねw
作者
作者
まあ、いっか!バイバーイ
及川徹
及川徹
ちょっと待って!
影山飛雄
影山飛雄
あ、及川さん
及川徹
及川徹
ごめん!寝てた!
影山飛雄
影山飛雄
www寝てたんですか?
及川徹
及川徹
うん
作者
作者
笑笑笑笑
及川徹
及川徹
俺、今回活躍してた!
影山飛雄
影山飛雄
そうですか?岩泉さんも目立ちましたよね
及川徹
及川徹
なに?岩ちゃん推しなの?
影山飛雄
影山飛雄
いえ、そういう訳では、ないですよ。
及川徹
及川徹
そうなんだ
岩ちゃん、男前で、ムカつくんだよね〜!
影山飛雄
影山飛雄
そうですか?かっこいいと思いますけど…
岩泉一
岩泉一
あ?クソ川?ムカつくだとぉ?ふざけんなよボケェ!
及川徹
及川徹
岩ちゃん、口が悪いよぉ〜
岩泉一
岩泉一
知るかよ
作者
作者
まぁまぁ
作者
作者
それでは!
作者
作者
次回!
あなたちゃんの体の秘密
です!よろしくしますです!
岩泉一
岩泉一
またな
影山飛雄
影山飛雄
じゃあな…
及川徹
及川徹
まったね〜♡
岩泉一
岩泉一
♡とか、キモい!
及川徹
及川徹
ガーン
岩ちゃ〜ん