第8話

そんな事、知らない…
作者
作者
いいねが…ほしい!
及川徹
及川徹
どう考えても、無理でしょ。
作者
作者
なんで〜!
及川徹
及川徹
下手じゃん
及川徹
及川徹
だからさ、読者の人は中々いいねしてくれないんだよ
作者
作者
そんな事ないもん!
作者
作者
いつも、いいねしてくれる方、ありがとうございます!
作者
作者
これからも頑張るので、ヨロです!
及川徹
及川徹
よろしく〜!
作者
作者
あ、応援してくれるんだ
及川徹
及川徹
ち、ちがうよ!
俺が、いいねしてもらわないの、嫌なだけで…ブツブツブツブツ
作者
作者
!…ありがとう!
▲▽▲▽▲▽▲スタート▽▲▽▲▽▲▽
トッ タタタタタッ←サーブ

ドサッ

あなた  「え?」

あなた  「お兄ちゃん!」

あなた  「嘘…なんでなの?」

そこには、倒れている人が、いた。
その人は、私のお兄ちゃんだった…

ガクッ 

及川   「あなたちゃん!」

あなた  「徹さん…」

及川   「ねえ、飛雄には、持病なんて、ないでしょ?」

あなた  「はい…」

???  「影山!過呼吸だ!」

あなた  「焦ってたんだと思います。」

及川   「そか…」

及川   「ありがとう!」
及川   「試合は、一旦中止!」

及川   「飛雄を保健室まで運んじゃうよ!」

一同   「はい!!!」

???  「ん?これは、過呼吸じゃないべ」

及川   「じゃあ、何?」

???  「発作だと思う…」

及川   「え?」

あなた  「少し、どいてください…」

???  「え?」

あなた  「あの、おにぃ…影山君を少し、起こしてください…えっと、」

???  「あ、俺はね、菅原孝支だべ」

あなた  「菅原さん、起こしてください。」

菅原   「りょーかい!」

菅原   「え?なんで脱がせるんだ?」

あなた  「発作だから」

4分後
あなた  「徹さん…」 
 
及川   「どうしたの?」 

あなた  「救急車呼べますか?」

及川   「わかったよ!」



及川   「呼んだ!」

ピーポーピーポー

隊員   「こちらへ運びます!」

隊員   「凄い!ちゃんと対処がされている…これなら、間に合うかもしれない!」

あなた  「!」

あなた  「やったあ!」

隊員   「この中で、一番関係している人は、来てください、2名ほど…」

あなた  「はい…」

あなた  「徹さん、その…付いてきてください。」

及川   「うん!わかったよ!」

病院着
医師   「この発作は、昔からあった物ではないでしょうか」

あなた  「え?知らないです…」

医師   「そうですか…」

医師   「これからも起こると思います…」

あなた  「はい…ありがとうございました。」

及川   「え?ちょっとあなたちゃん!」

及川   「知らなかったの?」

あなた  「徹さん…グスッ」

及川   「!…ギュッ」

あなた  「ッ…ウワーンお兄ちゃん!お兄ちゃ〜ん!!!グスッ…」
 
そんな事、知らないよ…お兄ちゃん、ひどい…

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

作者
作者
感動する!
及川徹
及川徹
いや、しないでしょ。
作者
作者
え?
及川徹
及川徹
下手だとさ、感動されないじゃん
作者
作者
そっか!これからもがんばる
及川徹
及川徹
それにしても、及川さん活躍してるね!
作者
作者
だね!
岩泉一
岩泉一
なんで、俺は…
作者
作者
ごめん!岩ちゃん!本当にごめんて!
岩泉一
岩泉一
いいけどさ…
作者
作者
次回
ありがとう
です!
及川徹
及川徹
よっろしっくね〜!
岩泉一
岩泉一
またな…
作者
作者
ばいばい
及川徹
及川徹
バイバーイ☆
岩泉一
岩泉一
キモっ
及川徹
及川徹
え?及川さん傷ついた!
岩泉一
岩泉一
知らね