第14話

如月(なまえ)
如月あなた
ふぁああ......やる気ない.....
今日は徹夜かな
如月(なまえ)
如月あなた
夜久さんー、宿題めんどいぃー
夜久衛輔
夜久衛輔
そうか、でも頑張れ。明日学校行くなら宿題の提出は免れないぞ
如月(なまえ)
如月あなた
うぅ......今日徹夜します......そのまま寝てぇ......朝風呂入る.....
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
あ、朝風呂良くねぇって聞くぞ?
え、そうなのか?
如月(なまえ)
如月あなた
俺知らねぇ......初めて聞いた
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
おう、電気代も馬鹿にならねぇらしい
如月(なまえ)
如月あなた
へー.......でも請求は親父んとこ行くから良いけどな
如月(なまえ)
如月あなた
まつー事で寝ますぅ
如月(なまえ)
如月あなた
おやすみぃ
全員
おやすみ
如月(なまえ)
如月あなた
ふぁぁあ......
こんにちはぁ、こんばんわぁ、おはようございます!あなたです。


実はねぇ、眠たくなんか無いんですよ。


でもな、この瞬間が嬉しすぎて。でも、いずれは無くなるという事はちゃんと分かっているから。


寂しくなって涙が出てきそうになったんだ、バレるのが嫌で逃げてきた☆
如月(なまえ)
如月あなた
ベット....
トントントンッボスッ
如月(なまえ)
如月あなた
はぁぁぁぁ......
嫌だな.....なんなら記憶を消して欲しいくらい辛い.......
だって、良く考えてみようぜ?


俺はハイキューという漫画が好きだ。


そして、ハイキューの中で出てくるライバル校の中で一番好きなのが音駒高校だ。


そして、その高校人達が飛ばされてこっちの世界へ来た。


で、今その人達と同居?ま、シェアハウスみたいな感じになっている。


でも、いずれは帰ってしまう。いや、帰りたいだろう。


そして、漫画の世界へ戻る。


なんかのファンタジー小説みたいだな。ま、こんなこと起きている以上、


小説の中のシナリオ通りに進むだろう。だから、いずれは居なくなるんだよなー
作者の遥希です
作者の遥希です
ごめん長いよね....要約すると「今だけの幸せ 戻って欲しくない」といった所でしょうか
そう考えっと
如月(なまえ)
如月あなた
いや.....だな
如月(なまえ)
如月あなた
でも!ウジウジ考えんのは駄目だ!女みてぇなことすんな!俺は男だっつーの!
自分の性別さえ覚えてねぇのか!!!
おし!気合いは充分!ちゃんと気持を断ち切れる!!
ふー、OK、宿題すっか
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者の遥希です
作者の遥希です
うぇぇえええぇぇぇいwwwww
今日はねぇぇぇぇぇ、ちょっと話置いてくよぉぉぉ。
ちなみに本編にはすんごく関係ありません。
0.1mmほどありません。
ちょっと書きたいって思っちゃったんです...
ではではぁ、お話までぇ、3.2.1..Q!
あなた「んんぅ....あれ、ここどこ......?」
少女は何も無いロウソク一本の部屋で目を覚ました
あなた「あれぇ、さっきまで部屋で寝てたのにぃ」
少女は周りを散策をし始めた
あなた「あれ?何も無い.....いや、紙がある.....」
[この手紙を見ているということは私は死んだのかな....ま、普通死ぬよね。

























鬼がいるんだからさ]
あなた「え、お、鬼っ?!」
[鬼を見て吃驚したでしょ?私もね、私の前にここにいた人が手紙を置いて逝ってくれたの]
あなた「前いた人...?」
[手紙の内容はここはどこで此処では何がされるのかとかかな。ま、私も説明するね


此処は鬼の家よ。その地下ね。地下神殿か、地下牢とでも思ってて。


多分、目が覚めて30分ぐらいかしら...?鬼が来るわ。寝たフリをしておきなさい。


鬼は生きているかどうかを確認したらすぐ戻るわ。


ここで、ミニ情報。鬼さん、すっごくかっこいいわよ♪]
あなた「イヤ、その情報いらなくない....?」
[それと!鬼さんは来る前に部屋の壁を外から五回ほど叩くわ。応答しちゃダメよ。


生きていることがバレてしまう。]
あなた「って事は無視を決め込めって事だよね?」
コンッコンッコンッコンッコンッ
あなた「鬼..?!寝たフリしないとっ」
?「ねぇえ、岩ちゃん」
?「なんだよクソ川」
?「今回の人間ちゃん、元気かなぁ?」
?「さぁな。金田一は美味そうな奴って言ってたが」
あなた「(金田一......?)」
?「本当ぉ?!やった、やっとだ.....他の子病弱だったからー」
あなた
「(病弱?!他の子?!)」
?「あ、そうだ。この子に自己紹介しとこ」
?「あ”ぁ?ちっ」
?「今のは良いって事だよねー?俺は及川徹」
?「岩泉一」
あなた「(知らない名前.....誰だよ。)」
及「ま、生きてるから次行こー」
岩「おし、じゃあ人間。ここにいろよ」
あなた「(それではーいつった人いんの?逃げるだろ普通)」
さぁ、少女はこれからどうなるのか。
鬼に食われるのか、脱出できるのか.....どうなるのか____
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者の遥希です
作者の遥希です
こんな感じですぅw
下手でしょ?スクロールお疲れ様でした。
作者の遥希です
作者の遥希です
マジでくっだんねぇの読んでくれてありがとうございます!!!!!!