無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

12
次の日~
モブ女1
モブ女1
ねぇ、貴方があなたさん?
(なまえ)
あなた
え、まぁ…はい
モブ女2
モブ女2
ちょっと来てくれない?
(なまえ)
あなた
は?なんd((
モブ女1
モブ女1
良いから来いよ
屋上~
モブ女1
モブ女1
アンタ、モブ男君と付き合ってるくせに浮気してるらしいじゃない
モブ女2
モブ女2
本当サイテー
(なまえ)
あなた
…は?
いや、待って?そもそも付き合ってないよ?
モブ女1
モブ女1
痛い目見せてあげるわ
あ、これカッターキャーやん


やべ、録音してねぇ☆
モブ女1
モブ女1
グサッ
モブ女1
モブ女1
これ持ちなさい
(なまえ)
あなた
ハイハイ
モブ女1
モブ女1
きゃーーーーー!!!
うわ、耳もげる←
モブ
モブ
どうしたんだ!?って…お前
モブ
モブ
俺の友達に何してんだよ!
(なまえ)
あなた
何もしてないけど
モブ
モブ
浮気もしてるくせに
(なまえ)
あなた
そもそも付き合って無い
モブ
モブ
学校中にばらまいてやる!
(なまえ)
あなた
あー、ハイハイ
(なまえ)
あなた
じゃあね
モブ
モブ
おい、待てよ!
廊下~
なんか、面倒なことに巻き込まれた気がする…()
エミリー・ダイアー
ねぇ!あなた!
(なまえ)
あなた
あ、エミリーさん
エミリー・ダイアー
こ、これ本当なの…?
見せられたのは、カッターを持った私の写真と女の子が切られている"様に"見える写真



…ちょっと試してみよ
(なまえ)
あなた
エミリーさんはどっちだと思います?
エミリー・ダイアー
え…
(なまえ)
あなた
私が切ったと思うなら思っていて大丈夫ですよ
エミリー・ダイアー
わ、私は…
エミリー・ダイアー
…ごめんなさい。貴方がやったとしか思えないわ…
エミリー・ダイアー
貴方がやったなんて考えたく無いけど、、
(なまえ)
あなた
(なまえ)
あなた
そうですか。それでは、さようなら
エミリー・ダイアー
家路~
やっぱり、あの状況からなんて私がやったとしか思わないわよね。

気付かなかった私も馬鹿だけど
気付いてたら証拠撮ってたのに
マルガレータ・ツェレ
あなたちゃーん!
マルガレータ・ツェレ
一緒にかーえろ!
(なまえ)
あなた
あ、マルガレータさん
(なまえ)
あなた
(なまえ)
あなた
マルガレータさんは見てないんですか?
マルガレータ・ツェレ
?何を?
(なまえ)
あなた
写真です。
マルガレータ・ツェレ
あー!あれね!見たわよ!
(なまえ)
あなた
じゃあ、なんで…
マルガレータ・ツェレ
あなたちゃんがそんな事やるわけないじゃない!
マルガレータ・ツェレ
私は、いつでも貴方を信じてるわよ!
(なまえ)
あなた
ありがとうございます…
マルガレータ・ツェレ
皆は分からないけどね~
(なまえ)
あなた
エミリーさんは私がやったと思ってるけど…
マルガレータ・ツェレ
エミリーだってあなたちゃんを信じたいはずよ!
マルガレータ・ツェレ
きっと、すぐ"こっち側"に、来てくれるわ!
(なまえ)
あなた
マルガレータ・ツェレ
ねぇ、もし明日から虐められたりしたら、いつでも相談してね
マルガレータ・ツェレ
私の前では、なんでも吐いていいから
(なまえ)
あなた
ありがとうございます
マルガレータ・ツェレ
って事で、血ちょうだい?
(なまえ)
あなた
嫌です
マルガレータ・ツェレ
え~
いじめ…かぁ


いじめられても拳で返せるけど←
✂︎- - - - - - - -キリトリ- - - - - - - - - - -
作者
作者
ヽ(゚∀。)ノウェィwwww