無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

12話 寿司と娘
ころん
ころん
(何しようかな…)
とりあえず、全員の部屋行ってみようかな
もしたら同じ人(暇な人)いるかも…



ーさとみくんの部屋ー
コンコンッ

ガチャ
ころん
ころん
さとみぃぃいぃぃいい!!、!










あれ


ころん
ころん
いない…
どこ行ったんだろ
あ…さっきそういえばジェルと居たっけ
街に出かけたのかな















ころん
ころん
じゃあ残るは莉犬とるぅとかぁ…居るかなあ
さすがになーくんは忙しいからなぁ














ー莉犬くんの部屋ー
コンコンッ

ガチャ
ころん
ころん
あれいない…
莉犬も出かけたのかな







僕がなーくんと一緒にあたふた動いてる時はみんな暇そうだったのに
るぅとくんも居ないってこと無いよね






ーるぅとくんの部屋ー
コンコンッ

ガチャ
ころん
ころん
るぅとくん〜
るぅと
るぅと
なんですかー?
あ、居た
なんかの資料作ってたのかなパソコン文字ばっか打ってある
るぅと
るぅと
ころちゃん??
るぅと
るぅと
ころちゃーん?
ころん
ころん
あっ、えあごめんごめん笑
ころん
ころん
僕暇なんだけどやる事ある?
るぅと
るぅと
やること……ですか
流石に無いかな
パソコンの使い方なんてるぅとくんの方が詳しいし


手際もいいからなぁ
るぅと
るぅと
あ!1つお願いしてもいいですか?
ころん
ころん
ん、なに??
るぅと
るぅと
莉犬にお寿司のお使い頼んですけど、帰ってこないんで迎えに行ってくださいよ
寿司のお使い…
パシリの間違いだろそれ
ころん
ころん
分かった行ってくるよ




.*・゚ .゚・*.

.*・゚ .゚・*.

.*・゚ .゚・*.

.*・゚ .゚・*.

.*・゚ .゚・*.
ー街ー
帰ってこないってことは絶対寄り道してるだろーなぁ
噂をすれば…
ころん
ころん
おーい莉犬〜!
莉犬
莉犬
ん、おぉころん
なんか食ってるし、隣に小さい子供居るし何してんだよ












ん???
ころん
ころん
あぁああああぁぁぁあぁぁぁあ!!
莉犬
莉犬
なになにうるさ笑笑
ころん
ころん
いやお前食ってるのるぅとくんが頼んだ寿司じゃないの?
莉犬
莉犬
あーまた買うからいいよ。
それよりこの子が迷子みたいでさ、ころちゃんも手伝ってよ
そう言うと莉犬は隣にいた女の子の頭を撫でた
こいつそんなに子供好きだったっけ
莉犬
莉犬
まだお寿司食べるぅ?
女の子
女の子
おなかいっぱい!!
莉犬
莉犬
そっかぁじゃあママ探そーねぇ
女の子
女の子
うん!








それから僕たちは日が暮れるまで親を探した
なんせ女の子がママの顔わかんないとか意味わかんないこと言うから
片っ端から女性に話しかける事になった
途中でジェルとさとみにあったけど、
「おつー」とか言って手伝ってくれないから
母親
母親
ゆうちゃん!!!
女の子
女の子
あ!ままぁ!!
午後9時ちょい前…
街の人通りが少し減りやっと親を見つけた
莉犬
莉犬
今度から気をつけてねぇ
女の子
女の子
はーい!
母親
母親
ありがとうございます
すみません
莉犬
莉犬
いえいえ〜
親が深々頭を下げて去っていく
これでやっと帰れる







ちゃっちゃと寿司買って帰…








って
ころん
ころん
寿司屋のおっちゃん今日店閉めるのはや!!!、?
やらかした
本当にやらかした
るぅとくんにぶん殴られる
莉犬
莉犬
あ………はは
莉犬
莉犬
ころん……あと頑張ってね
その瞬間能力を使って莉犬は犬に化けた
そして逃亡して行った
ころん
ころん
あいつ…っ…!









それから僕が帰るとビール瓶を持って立ってるるぅとくんが居た。
その後ろには莉犬がいて
ごめんねとか手でポーズしてた
ころん
ころん
るぅとくん僕じゃないよ莉犬が…
るぅと
るぅと
言い訳は結構です。
莉犬が寿司を奪われて追いかけてたらこの時間になってしまって結局買えなかった…って言ってました
ころん
ころん
ちがうよ!!莉犬が迷子の女の子に食べさせてて…











結局信じて貰えず
るぅとくんが当番の街の見回り当番を1日代わるということで許された










明日に続く…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
のん@作者
のん@作者
読んでいただきありがとうございます!
試験があるので毎日投稿できなくなります💦
のん@作者
のん@作者
最近今作ってるこの🍓👑様のストーリーよりも、🍓👑様を使わせて頂いた別のストーリーがぽあぽあ浮かんできちゃって、流石に2ストーリー同時進行してしまうと混ざってしまうかも知れないので作りませんが笑
のん@作者
のん@作者
投稿内容も投稿頻度もぐだぐだしててすみません💧