無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

5話 匂い
ななもり
ななもり
じゃあ見回った結果報告
莉犬
莉犬
僕となーくんが西方面見て
回ったけど特になにもなかったかな
さとみ
さとみ
俺とジェルも東方面見て回った
何ともなかったよ
強いていえば帰り道ジェルが女の子に声掛けてたくらi…
ジェル
ジェル
おいっっ!!
ころん
ころん
僕もなんともなかった…かな
ななもり
ななもり
まぁ何ともなくてよかったよ…
ジェルくんはとりあえず夕飯抜きだね
ジェル
ジェル
もりさんそこをなんとか…
〈全員〉笑笑笑













.☆.。.:.+*:゚+。 .゚・*..☆.。.:*.☆.。.:.+*:゚+。 .゚
ーー夜ーー  ご飯お風呂飛ばしますw🙇‍♂️
ななもり
ななもり
じゃあみんなおやすみ!!
ジェル
ジェル
おーやすみぃ⤴︎︎⤴︎︎
さとみ
さとみ
寝るテンションじゃねーだろ笑笑
るぅと
るぅと
笑笑
莉犬
莉犬
ねぇころちゃん…そのさ
言い難いんだけど…
ころん
ころん
どうしたの?
莉犬
莉犬
お風呂しっかり入った、??
さとみ
さとみ
笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑
ジェル
ジェル
ころん1発夢中になって汗流し忘れたんちゃう?笑笑
ころん
ころん
莉犬ひど!!!しっかり入ったし!!
莉犬
莉犬
ちが笑
汗とかじゃなくて、多分俺が犬こ能力があるからだと思うんだけど…


















「少し良くない匂いがしてさ」



゚・*:.。..。.:*・

・*:.。. .。.:*・。

*:.。. .。.:*・。

'・*:.。. .。.:*・。
ころん
ころん
(なんて莉犬くん言ってたけど…)
もしかしてあの子に会ったからかな














ころん
ころん
まさか…ね