無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

#1
いいね♡ お気に入り☆ コメント✎

していただければ、著者がありえないくらい喜びます!😭✨💓

よろしくお願いします(´;ω;`)




では、本編スタート💓




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





突然だけど、初対面の後輩に告白されました。




+♥+:;;;:+♥+:;;;:+♥+:;;;:+♥+:;;;:+♥+:;;;:+♥+:;;;:+♥+:;;;:



それは、遡ること100年前...



ってのは嘘で、数時間前の朝...












その日は、私が通う光涼(みすず)高等学校の入学式だった。



真新しい制服を身に纏う一年生達は、これからの高校生活に胸を弾ませている頃だろう。









...だが、1人だけ、胸の弾ませ方を間違えている輩がいた。










『先輩ああああいい!
逃げないでくださいよおおお!!!』








至って普通な2年生、神崎真里。







...なぜか、初対面の後輩に追いかけられてます。









「突然追いかけられたら誰でも逃げるでしょうが!!!」




走っているため、息が途切れ途切れだが、大声で叫ぶ。




おかげで、私とその後輩は注目の的。






『じゃあ追いかけないんで、先輩も止まってください!!!』





「最初からそうしろよ!!」







私と謎の後輩は、15メートルほど距離をおいて止まった。










『先輩!!!』






「はぁはぁ...な、なに?」





























































『好きです!愛してます!先輩以外考えられません!愛してます!俺と付き合ってください!!!』




























「.....は?」




















は?












...こいつ、頭おかしいわ。






「先輩ああああいいい!」と叫びながら門を走り抜けて、私の方に走ってくると思ったら



追いかけてくるし、更には告白?




生憎、私は一目惚れされるほどの容姿をもっていないため、初対面で告白はおかしい。




というか門の外から走ってきたんだから、顔見てないんじゃ...
















『返事は...』










「...今後一切私に関わらないで。以上。」











『...へ?』












いや、なんで断られてキョトンとしてるの?



まさか付き合ってくれるとか思ってたの?

























...まぁ、今後一切関わることもないし、もういいや。










その場で立ち尽くしている後輩を放っておいて、入学式が行われるアリーナに向かった。