無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🐰2



でもね





えっちが終わった後は



優しく私を抱き寄せてくれるの




おまけに頭も撫でてくれる



JK「あなた、一緒寝よ?」


そう言って私が寝るまで起きててくれる .


そしてまた、一緒に朝を迎える



JK「おはよ。」
あなた「あっ、おはよ」

昨日のことが恥ずかしくて思わず

目逸らしちゃった、、


JK「…は?おい、こっち見ろよ」
顎クイされる


『 チュッ 』




あなた「んッ」


JK「…ん、かわい。」


たまに見せる甘々な彼は世界一可愛いんです。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

모모.
모모.
ほんといいね.フォロー.おきにしてくれるコ すこ。。 雑です、ごめんね☆←
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る