無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🐰3




まぁ、そんな甘々な時間は長くはなくて





JK「は?何見てんの?行くよ、」


ほんと急に変わるよね()


あなた「……え、はーい……」


さりげなくそう返事をして私の慌ただしい

生活は今日も幕を開けたのだった


私とぐくは大学2年生


私はメイクの勉強を。


ぐくは弁護士の勉強をしている、らしい((




やがて大学に着いた









かと思えば、









後ろからバカでっかい声が聞こえるなぁ、

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

모모.
모모.
ほんといいね.フォロー.おきにしてくれるコ すこ。。 雑です、ごめんね☆←
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る