プリ小説

第3話

3
HSside
ぬなの教室へ行くもぬなはほかの男と話をしている
俺の事など好きではないのか…
なんておかしな事を考えてしまう
あんなに頑張って想いを伝えていたが…
本当は俺の事など眼中にもないんじゃないかって
暫くぬなを見つめていると、俺に気付いたのか此方に来る
近くまで来た途端俺は咄嗟に逃げてしまった
緊張とかそんなのじゃなくて、…ネガティブな考えになってしまうから
無理して付き合ってくれているんじゃないのかって
HSsideend

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

娯纚
娯纚
コメント気づいてなかったら言ってください ピョンテ様Come on #🐶物語 #月が沈まない夜で逢おう 靴下ちゃん頑張って…! 🌾植えてくれる子大好きです 改めて新しく改名した名前 「娯纚」兼「ゴリラ」をよろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る