無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

1話
それは唐突に来た…
貴女の母
貴女の母
言うの忘れてたけど来週からお母さん出張に行くから〜♪
(なまえ)
あなた
はーい、分かった…って
えー!!!
嘘でしょ!?
そんなの聞いてないよ!!
貴女の母
貴女の母
だって今言ったばっかりだもの♪
(なまえ)
あなた
私1人じゃん…
ど、どうすれば…
貴女の母
貴女の母
大丈夫♪
私の仲の良い方に頼んだから♪
(なまえ)
あなた
だ、誰??
私の知ってる人??
ね!誰?
貴女の母
貴女の母
うふふ♪
それは着いてからのお楽しみ♪
(なまえ)
あなた
それぐらい教えてよ!!!
貴女の母
貴女の母
今週の休みの日に引っ越すからそれまでに準備してね♪
(なまえ)
あなた
早くない!?
それならもっと早く言ってよ!!
貴女の母
貴女の母
あら♪
ごめんね♪
(なまえ)
あなた
あら♪じゃないよ!!
今から準備してくる…
貴女の母
貴女の母
(絶対にあの子喜ぶはず♪)
(うふふ、楽しみ♪)
2話へ続く…
作者
作者
最後まで読んで頂きありがとうございました〜♪
少し短かったですね…ww
次回はもう少し長めに書きますww
さてさて急に引っ越す事になった主人公、貴女!これからどうなるでしょうかね〜ww
そして!お母さんが言ってた"あの子なら喜ぶはず♪"とは何の事を示しているのか?
次回もお楽しみに♪