無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

No.2
結花「部活の顧問ってどうなるんですか?」
佐川先生「そうね〜……」
原田先生が通る
佐川先生「あ、原田先生!
ちょうどよかった!!
チア部の顧問の先生が
決まってなくて、やってくれませんか??」


原田先生「え、チア部??
部活の顧問なんかめんどくさいから
嫌よ。」


佐川先生「そんなこと言わずに
やってくれませんか?」
結花「え、ちょっと待ってください!
原田先生が顧問って!」
結衣「原田先生が顧問で、
何か出来るんですか?」
佐川先生「それは、分からないけど、
やってみないと。」
結花「絶対原田先生が顧問は、
嫌です。」
矢野先生「顧問の先生やると、
手当がもらえるとか……」
原田先生「え、もらえるの?」
原田先生「だったら、やるわ。」
結花「うっそ……」
〜放課後〜
堀江「1.2.3.4」
結衣「(足が変な感じする…)」
結花「結衣??
足大丈夫?」
結衣「え?」
結花「なんか足変な感じしない?」
結衣「大丈夫!」
結花「ほんと?
ならいいんだけど……」
堀江「1.2.3.4」
堀江「ちょっと休憩しよ〜!」
チア部「はーい!」
原田先生「いつもこんな感じなの?」
堀江「そうですけど。」
原田先生「ちょっとやりすぎじゃない?」
堀江「前の顧問の先生の戸塚先生が
私たちのこと考えて
作ってくれたメニューなんで。」
原田先生「だとしても
あんたら練習しすぎよ。
体ぶっ壊れるわ。」
原田先生「今日の部活は、
もう終わり。
もう帰りなさい。」
堀江「え、ちょっと。」
堀江「自主練しよっか。」
チア部「うん。」
堀江「1.2.3.4」
結衣が転けた
結衣「イッタ…」
結花「結衣!?」
結花「待って大丈夫??」
結衣「痛い……」
結花「病院行こう…」
結花「堀江ちゃん。
先生呼んできて。」
堀江「え、でも。」
結花「いいから。早く!」
堀江「わかった。」
結花「ほかのチア部の子は
帰っていいよ。
今日は、もう終わり。」
チア部「わかりました」
結花「結衣。もう少し待ってて…」
〜職員室〜
堀江「原田先生居ますか?」
原田先生「あら、堀江じゃない。
何よ」
堀江「あの、川崎さんが……」
原田先生「なに、川崎がどうしたの。」
堀江「体育館で……」
原田先生「とりあえず体育館行くわよ。」
〜体育館〜
原田先生「川崎!」
結衣「せん、せい」
原田先生「伊波なにがあったの。」
結花「先生がいなくなった後、
自主練してて、結衣が足を挫いた
みたいで、」
原田先生「そう。
とりあえず病院行くわよ。」
結花「はい。」
〜病院〜
結衣「捻挫…
大会には出れないって…」
結花「え……
あんなに楽しみにしてたのに…」
田中先生「しょうがないだろ。
怪我したんだ。」
結衣「先生。
無理して、練習続けたのが
ダメだったんですか?
異変感じた時に言って
休めば良かったんですか?」
原田先生「やった後悔も
やらなかった後悔も
後から自分の中でどんどん膨らんでくるの」
原田先生「そうやって、
誰かに産んじゃえば
しぼんで楽になるから
どんどん産みなさい。」
結花「結衣…
気づけなくてごめんね。
私が気づいてたら、
こんなことにならなかったのに…」
原田先生「伊波も自分のこと
責めることないわ。」
結花「でも、私が気づいてたら…」
原田先生「もう起こってしまった
ことは、仕方が無いわ。」
結花「…」
原田先生「気をつけて帰りなさいよ。」
結花「はい。」
結花「結衣。
荷物持つよ。」
結衣「ありがとう。」
〜結衣のマンション〜
結衣「ここまで一緒に来てくれて
ありがとう。」
結花「ううん。いいの。」


結衣「じゃあね。」


結花「うん。」


ガチャ。
東条「あれ、伊波?」
結花「あ、東条。」
東条「あれ、今帰りなの?」
結花「あ〜…
結衣がちょっとね。」
東条「あいつなんかあった?」
結花「ちょっとチア部で練習しすぎて、
怪我しちゃって…」
東条「そっか…
練習頑張ってたんだけどな…
大会出れないんだ…」
結花「うん。
東条って結衣のことよく見てるよね。」
東条「え?」
結花「だってよく、練習してるの
体育館のちっちゃい窓
みたいな所から見てるでしょ?w」
東条「え、待って知ってんの?」
結花「いや、気づくよ。」
結花「だから、好きなんだろうな〜。
って。わかる。」
東条「お、おう。」
結花「私も同じだし。」
東条「同じ?」
結花「うん。
気づいたら、
秀一のこと目で追ってるし。
あいつのこと好きでも振り向いてくれないの分かってるんだけどね…」
東条「そっか。
頑張れ。」
結花「東条もね!
それじゃ、また明日ね!」
東条「おう。」
〜結花のマンション〜
結花「はぁ……
秀一絶対キャラ作ってる……
ってなんで秀一のことなんか
考えてるの。
結衣大丈夫なのかな……」
結花「そろそろ寝なきゃ…」
〜翌日の放課後〜
原田先生「見ての通り、
川崎が怪我をしました。
それで、部活が禁止になりました。」
チア部「え?」
原田先生「なので、部活できません。」
チア部「嘘。」
原田先生「はい。
今から特訓しに行くわよ。」
田中先生「ちょっと原田先生!」
〜ある場所〜
原田先生「今の見てどう思った?」
田中先生「凄かった。」
原田先生「お前には聞いてない。」
結花「凄かった……」
原田先生「でしょ?
それで、ここで、明日から練習します。」
田中先生「原田先生部活禁止なんですよ?」
原田先生「だから、特訓だから、
別に大丈夫よ。」
チア部「ありがとうございます!」
原田先生「あ、でも、川崎は、見学ね。」
結衣「はい。」
✂︎- - - - - - - -キリトリ- - - - - - - - - - -
今回はここまで。
東条が結衣のこと好きなのがわかった。
結衣怪我しちゃった…
次回も読んでね(*´∀`*)
それじゃ、またね\( ¨̮ )/

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

玲奈ジャニオタ♡♡
玲奈ジャニオタ♡♡
担当→King&Prince Kingよりのall担 なにわ男子 all担(選べなくなった) 美 少年 那須くん、大昇よりのall担 SixTONES 大我、樹よりのall担 HiHi Jets 優斗、瑞稀よりのall担 Snow Man ジーコ、阿部ちゃんよりのall担 Travis Japan 七五三掛龍也くん♡♡ (最近好きになったばっかなので、 ほんと何も知らない状態から 始まります。なので、気に触ったらごめんなさい🙏) 7 MEN 侍 中村嶺亜くん (最近好きになったばっかなので、 ほんと何も知らない状態から 始まります。なので、気に触ったらごめんなさい🙏) 同担拒否は、してません♡♡ 全然話しかけて貰って大丈夫です (*´∀`*) 優斗と大我はリア恋♡♡ まじでかっこよすぎて惚れる♡♡ (引かないでね??) 低浮上です。 受験生なので。 とかいって浮上する馬鹿← 〜自己紹介〜 名前→玲奈(よく間違えられるけど、れいなね!) 歳→14歳 学年→JC3 誕生日→1月7日(大吾の2日前) 推し→上に書いてます。 ファンマ→ないです。 まだまだ下手だけど、 よろしくお願いします(*´∀`*) 〜終了〜 小説読んだら、お気に入り・ハート押してね! フォローしてくれたら、フォローし返すよ♡♡ 名前変えました!! 10月から浮上しません。 ごめんなさい。。。
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る