無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第80話

また君とこの場所から
るぅと
懐かしいなー
シェアハウスが始まって
場所が変わって
来てなかったけど…
るぅと
とてもきれい
↑これの夜






























.
るぅと
明日…あなたと
来る予定だったのにな…
???
"るぅちゃん"
るぅと




















その声は僕が
1番聞きたかった声
そして














1番るぅちゃん
って読んで欲しかった声
るぅと
あなた………?
あなた
そうだよ…グスッ
るぅちゃん私だよ
るぅと
あなた…あなた!
あなた
るぅちゃん!
るぅと
あなた…
あなた
この場所で出逢った
よね!話したよね!
るぅと
うん!うん!!
あなた
こんなこと
忘れるなんて…ごめんね
るぅと
あなたは
悪くありません…グスッ
あなた
でも!
るぅと
いいんです
何も言わなくて
あなた
うん…///
るぅと
あなた…
あなた
ん?
るぅと
ありがとう
あなた
///
るぅと
へへ
あの時と同じ匂いがした










































0:00