無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

670
2021/06/06

第8話

7話:勉強
〜帰り道〜
英「それよりさ、本当にマネやってくれるの?」





あなた「ん?うん!それから、バレーの事、勉強しようと思うんだ٩( 'ω' )و」





英「え、なんで?」





あなた「バレーについてよく知らない中で、バレー部を支えるなんて、きっとできないから。だから、勉強するの(*⁰▿⁰*)」





英「そうなんだ…あなたは頑張り屋さんだね。」



『あなたの頭をなでる』




あなた「えへへ////英の手落ち着くなぁ…」





英「!?そっか////(ほんと天然タラシ…)」







〜家〜
あなた「ねえ、孝支っ!バレーの本持ってる?」





孝支「おう。あるけど、、、どうした?」





あなた「私、男バレのマネやる事にしたから!」





孝支「え、そうなのか!?それで勉強か……いいぞ!いくらでも貸すべ!」





あなた「ほんと!?ありがとうっ!!!」







それからあなたは寝る直前まで一生懸命勉強した__←









〜学校〜
英「!?あなた。目の下ちょっとクマできてるけど、、、大丈夫?」






あなた「あ、大丈夫大丈夫。ちょっとバレーの勉強しすぎた…。。」





英「そっか…おつかれ。無理しないでね。」




あなた「うん。ありがと!」





英「そういえば、今日部活見学だよね。」




あなた「あ、そっか!楽しみだね〜!」




英「ね。」


【部活見学の時間】
あなた「よし!じゃあ一緒に体育館行こ!」





英「そだね。行こっか。」
作者☆
作者☆
国見からの頭ぽんぽん…!神ですかねいや神ですね←


今回は、あまり物語は進んでませんね💦まあ、こんな感じでのんびりやっていくんで宜しくです!