無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

👫
ちょっとした私の出来心でその日は話さずに仕事に行った
今日は写真撮影だ
それぞれ撮っていき仕事が終わってまた家に帰る
そしてテテが擦り寄ってくるって言うのが当たり前だった___
貴方
貴方
ただいまー
ドタドタドタ
テテ
テテ
あなた最低だな!
貴方
貴方
しょーがないなー…うん?
貴方
貴方
最低?誰が?
テテ
テテ
お前だよ!
えっ、私?
貴方
貴方
なんかした?
テテ
テテ
とぼけるなよ
テテ
テテ
お前は俺のマネジャーを殴っただろ?
貴方
貴方
えっ、そんな事してないし!
テテ
テテ
嘘つけ!
テテ
テテ
あなたには呆れたよ…
貴方
貴方
私を信じないあんたにも呆れたよ!
テテ
テテ
なら別れよう、
貴方
貴方
うん、その方がお互いいいしね
テテ
テテ
じゃあ俺この家出てくから後はお前の好きにしたら?
これは前の悪い夢だよね
貴方
貴方
もう、夢なら覚めてよ!
テテ
テテ
は?これ夢じゃないし
って事はホントに別れちゃうの私?
テテ
テテ
じゃあな、
ガチャン(扉の閉まる音)
貴方
貴方
別れれたんだよ、やった〜!
嬉しいはずなのに涙が止まらないよ
私たちの関係は今日全て崩れていった