無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12
癒月(ゆづき)
うん
今から控え室の冷蔵庫にペットボトルの水入れてからそっち行く。
着くのはちょうど5:00ごろ
一応言う、連帯責任
ユンギ
りょ
癒月(ゆづき)
んじゃ
ユンギ
ゆづきside


車で30分の今日の撮影場(控え室)にいって

現在AM4:59

宿舎の前

5

4

3

2

1



\ピンポーン/
ユンギ
癒月(ゆづき)
おは
ナムジュン
おはよう
ジミン
おっは!
癒月(ゆづき)
みんな起きて準備してるよね?
引っ越すから戻ってこれないよ?
忘れ物ない?
ユンギ
すまん
癒月(ゆづき)
何が?
ユンギ
下2人が起きん
癒月(ゆづき)
は?
ユンギ
おいっ!
怖いって!!
癒月(ゆづき)
連帯責任言わんかった?
ユンギ
......
癒月(ゆづき)
チッ
グクとVを起こしに行って
ユンギ
あいつやっぱ怖ぇわ
怒ったら
ジミン
((頷く))
ナムジュン
((頷く))




--------キリトリ線--------



ね く す と ➯➱➩Vの部屋

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

nozo
nozo
いまは、最新の反日VS???のを中心に書いてます BTS☞シュガ&ジン強めのジミンよりのオルペン プリ画像でも同じ名前でやってます! #昔のプリ小説へ。 毒舌たまに入ります ノリは多分いい方 コメ欄荒らして笑笑 ※あたしの書く小説は実際にあった事ではありません!!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る