無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

898
2021/06/01

第12話

ラスト3日目
今日も走れメロスらしいが今回はキーワードが書かれていて

「友を信じて待て」

この言葉に私たちは何かが共通すると思っていた
原健太
麻里ちゃん!!
全員「!!」
桜木健二
よし…!
じゃあ俺から1つお前らに特別な頼み事がある
そうやって言われて頼まれた物は

『小杉麻里は東大へ行くべきである』
というお題で、説明?をする文章を書けと言われた
私たちはそれを書き終わってから
小杉さん、その親、先生たちが居る部屋の手前で待つつもりだったが…
原健太
先生!先生!出来た!!
【教室に入る】
瀬戸輝
健太今、取り込み中だから!
ほら!【廊下へ出そうとする】
桜木健二
良いじゃねぇか
今ここで言ってみろ
天野晃一郎
え、今ここで…?
瀬戸輝
どうなっても知らねぇからな
桜木健二
上等だ笑
そして私たちは順番ずつ読んで行った

すると小杉さんから
小杉麻里
私も…私もみんなと一緒に東大へ行きたい…!(泣)
全員「!!!」【小杉さんの所へ集まり、ありがとうや色んな慰めの言葉を言ってる】
藤井遼
………
貴方
【肘をつっつく】
遼も一緒に行こ〜?笑
藤井遼
俺は…別に……
貴方
素直じゃないな笑笑
そして夕方
遼が今日でお別れということでみんなが別れの挨拶をしてた時
藤井遼
いや、待てって!
桜木健二
まだ何か用か?
藤井遼
………
桜木健二
手間の掛かる奴だな〜笑
自分に素直になれねぇのか?笑
藤井遼
なんだよ…
貴方
(‪お?これはもしかして……笑)
天野晃一郎
藤井くんなら東大入れると思うよ
藤井くん、ただでさえ頭良いもん
夜遅くまでずっと勉強してて
だから僕も逃げ出さずにやれたんだ
桜木健二
どうする藤井
お前はまだ本番で負けてねぇ
勝負はこっからだ
兄貴や親父を見返すんだろ?
藤井遼
桜木健二
専科に入れば、俺がお前を東大へ合格させてやる
まずは、原口以外の奴にも優しく接せれるようにする所からだけどな笑
藤井遼
………俺も入りたい
桜木健二
ん?
聞こえねぇぞ?
藤井遼
……俺も東大専科へ入りたい
貴方
!!!笑
桜木健二
……どうする健太?
原健太
…………【藤井の方へ行く】
藤井遼
何だよ
原健太
【握手しよと手を差し出す】
藤井くん!一緒に勉強しよ!
藤井遼
………
原健太
【藤井の手を握る】
藤井遼
……こないだは…ごめん
貴方
…!!!!
原健太
うん!
帰り道
貴方
遼、本当に素直な可愛い男の子になったね〜!!
【頭を撫でる】
藤井遼
やめろよ【手を払う】
貴方
藤井遼
ん?
貴方
…私は、合格するか分かんないけど
2人とも行けるようになったら、また大学生になっても傍に居てね
藤井遼
うん
良いよ笑
貴方
………【ポカーンとしてる】
藤井遼
え、?
貴方
り、遼が…凄い笑顔で素直に答えてる……
ホント可愛くなったな〜!【抱きつく】
藤井遼
ちょ、おい
あなた
貴方
素直になってくれてありがとう‪〜!!
藤井遼
分かった、分かったから
誰かに見られてたらどうすんだよ
貴方
あ、ごめん
藤井遼
ほら、もう行くぞ
貴方
はーい笑



翌日
桜木健二
今日は東大模試をしようと思う
貴方
おぉ…
桜木健二
今回の試験で合格見込みの無い奴は
東大専科から出ていってもらう
全員「!?」