第56話

私って………
雪流 あなた
あのさ、私って………














.












雪流 あなた
JKだよね?
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
そうですね。
甘露寺 蜜璃
甘露寺 蜜璃
あなたちゃん急にどうしたの?
雪流 あなた
いや何かこの小説全然JKらしさがないっていうかさ。
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
まぁ確かにふざけてばっかりですね←
雨沙璃
雨沙璃
(;・∀・)ギクッ
雪流 あなた
JKらしいことって何だろう?
甘露寺 蜜璃
甘露寺 蜜璃
やっぱり恋でしょ!!!
甘露寺 蜜璃
甘露寺 蜜璃
あなたちゃんは気になる人とかいないの?
雪流 あなた
ん〜、蜜璃ちゃんは?
甘露寺 蜜璃
甘露寺 蜜璃
えぇ〜私はあなたちゃんにしのぶちゃんに伊黒さんに無一郎くんでしょ〜、それから〜
雪流 あなた
蜜璃ちゃんもういいよ。
雪流 あなた
しのぶちゃんは冨岡先生でしょ〜
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
あなたさん!?
雪流 あなた
え、違うの?
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
違っ、くはないかもしれなくもなくもなくもない………かもしれません………////
雪流 あなた
私はな〜、ん〜?わかんないや
甘露寺 蜜璃
甘露寺 蜜璃
あなたちゃん恋したことあるの?
雪流 あなた
ないな。
甘露寺 蜜璃
甘露寺 蜜璃
じゃあ取り敢えず男の子を意識してみたら?
雪流 あなた
なるほど



__________________



時透 無一郎
時透 無一郎
あなた、シャーペン落ちたよ。
雪流 あなた
あ、ありがと………



__________________


雪流 あなた
あ、教科書忘れた。
伊黒 小芭内
伊黒 小芭内
お前は本当に忘れ物が多い、少し気をつけろ。今日は貸してやる。
雪流 あなた
ありがと〜!



__________________


雪流 あなた
(お腹痛い…………)
不死川 実弥
不死川 実弥
(あいつ………)
不死川 実弥
不死川 実弥
雪流、保健室行ってこい。
雪流 あなた
え………?
不死川 実弥
不死川 実弥
腹、痛ェんだろ?
雪流 あなた
あ、うん………ありがとう。



__________________


甘露寺 蜜璃
甘露寺 蜜璃
あなたちゃん!どうだった?
雪流 あなた
う〜ん、何が恋なのかがイマイチ分からないんだよね〜
甘露寺 蜜璃
甘露寺 蜜璃
あのねっ!恋っていうのはね!その人のことを考えてると幸せな気持ちになったり、締め付けられたり、苦しくなったり………そういうことを恋っていうのよ!
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
そういう人はいませんでしたか?
雪流 あなた
ん〜、あ。














.













雪流 あなた
不死川先生………






__________________





雨沙璃
雨沙璃
やっっっっっと、進展しそう!←
次回に続く!



○月○日

窓際の席だから太陽が当たって死にそう。

――――――――――――――――――――――――――――

太陽には当たってねェ、「太陽の光に当たって死にそう」が正しい。