第63話

パンツと留年、白紙のプリント
雪流 あなた
ポケー
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
あなたさん真面目に大丈夫でしょうか?
甘露寺 蜜璃
甘露寺 蜜璃
後で話を聞きましょう!
雪流 あなた
(有り得ん、おはぎがカッコつけちゃってかっこいいんだけどさ!?あ〜心臓爆発した←)

いや真面目にやばかった。うん←

ほんとに心臓まろびでるかと思ったんだからね?

不死川 実弥
不死川 実弥
雪流ェ。
雪流 あなた
ポケー
不死川 実弥
不死川 実弥
ゆ・き・な・が・れッッッ!!!
雪流 あなた
はひっっっ!?!?
不死川 実弥
不死川 実弥
はひって何だァ、お前今日居残りなァ。
雪流 あなた
何故
不死川 実弥
不死川 実弥
この成績どうにかしろやァァァ!!!
雪流 あなた
あ"
はい、完全に勉強という強敵の存在を忘れてましたね←






















ということで、

雪流 あなた
逃げる!!!←


だけど、
不死川 実弥
不死川 実弥
つかまえたァ。
雪流 あなた
チッ、こんのおはぎめ。ってうわっ!
あのーいくら私が逃げるからって肩にかつぐのやめてもらえます?放課後で生徒がいないからってやめてもらえます?
雪流 あなた
ちょっと先生この体制パンツ見えるって!バカなの!?ほんとにさぁ!?
不死川 実弥
不死川 実弥
安心しろ誰もお前のパンツに興味ねェ。
雪流 あなた
いやいやいやそういう問題じゃないから!?













.














不死川 実弥
不死川 実弥
てことでこのプリントなァ。
雪流 あなた
いや多くね………?
不死川 実弥
不死川 実弥
その調子だと留年になるがァ。
雪流 あなた
プリントやりますッッッ!!!
留年だけはやだよ。真面目に。











雪流 あなた
いやわっかんね………

始めてから一時間。

未だに白紙のプリントと睨めっこを続けている。

ふと、先生のほうを見た。

あまりに分からないから質問しようと思った。

先生は教壇の上、いつものパイプ椅子に座って難しそうな参考書を読んでいる………はずだった。