第25話

理科準備室の恐怖
雪流 あなた
ぎゃぁぁぁぁぁ!!!









さて何がおこったかと言うと、居残りのために理科準備室に行くと.........
冨岡 義勇
冨岡 義勇
ムフフ
とご機嫌の冨岡先生と.......
不死川 実弥
不死川 実弥
お前なぁ.......
とブチギレている不死川先生。
雪流 あなた
え!?何で冨岡先生が.........
そうして、机の上を見ると.......
雪流 あなた
おはぎ.........
雪流 あなた
あ、もう何がおきたか分かった気がする。
不死川 実弥
不死川 実弥
雪流、またお前の差し金かぁ?
雪流 あなた
ち、違います違います私じゃありません!!!
不死川 実弥
不死川 実弥
ならお前は無罪だ、悪いのは冨岡一人だなぁ。
雪流 あなた
え~っと?
不死川 実弥
不死川 実弥
お前はプリント進めてろ。
えぇ.........私この中で勉強しなきゃいけないの?
冨岡 義勇
冨岡 義勇
不死川はつぶ餡とこし餡どっちが好きだ?
不死川 実弥
不死川 実弥
テメェなぁ.........もう一生俺の視界に入るなぁ!!!
と、冨岡先生の顔目掛けて蹴りを入れるがかわされ、冨岡先生はスタコラサッサと逃げ出した。

さらにそれを不死川先生がものすごい勢いで追いかけていく。
雪流 あなた
冨岡先生お気の毒に.......
ーーーーーーーーーーーーーーーー
雨沙璃
雨沙璃
閲覧ありがとうございます!
○月○日

恐怖の1日だった。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

お前の差し金かと思った。