第89話

番外編 不定期開催恋愛相談

不死川Side
不死川 実弥
不死川 実弥
今日混んでんなァ。
宇随 天元
宇随 天元
日替わりメニューそんな良かったのかねぇ………お、ハンバーグ定食だってさ

たまには学食でも食おうぜと言った宇髄と一緒にそんなことを喋る。 

食券を買いトレイを取る。宇髄の嫁が顔を出し、少々お待ちくださいと番号札を渡した。

ふと横を見ると妙に人混みが集中しているところがある。何に並んでいるのか、列こっちだろ。

様子を見ていると食事待ちではなさそうだ。入れ代わり立ち代わり椅子に座っては何かを机に置いて去っていく。

よく見ると向こう側に女生徒がいるのが分かった。

その女生徒は………雪流

マジかよ何やってんだ、俺の仕事増やすなよ。
生徒
ねぇ聞いてあなた。彼氏が違う女とキスしてたのを見ちゃったの、浮気してたって分かっても好きで………でも辛くて。あああもうどうしたらいい!?
生徒
二回目浮気されたらどうしよう。もう私立ち直れない………
雪流 あなた
マイが今、浮気のことが気にならないくらい彼氏のことが好きならそれ伝えてみたら?自分の気持ちに正直にさ。

聞こえてくる話がまあまあ重い。

そんなクソ男捨てちまえと思いながら再び耳を傾ける。
雪流 あなた
最悪、もしもの話だよ。もしそうなっても彼氏と復縁した時間は無駄じゃないと思う。経験値って言ったらあれだけど。
雪流 あなた
相手に愛してほしいって気持ちより、まず自分を自分で愛してあげれば良い意味で相手に期待しなくて済むし。
不死川 実弥
不死川 実弥
(めっちゃいい事言ってる………!)
宇随 天元
宇随 天元
(めっちゃいい事言ってる………!)
人生何周してんだよあいつ。達観しすぎだろ。
高3の女が言うことじゃねぇ。
雛鶴
ふふ、あなたちゃんの言うことは深いですよね。
不死川 実弥
不死川 実弥
え、ああ、まぁ確かに
手際良く盛り付けながら俺に話し掛けてきた女。確か雛鶴だっけな。
雛鶴
不定期開催で恋愛相談やってるらしくて。タダ飯食べれるからって喜んでます。
雛鶴
でもあなたちゃん、自分の恋愛には全くダメみたいですよ。
相談をしていた女子は吹っ切れた顔で雪流の前に大量のうめえ棒を置いて食堂をあとにした。

テーブルには既に大量の貢物が置かれている。

次の女生徒はなんだか暗い顔で椅子に座った。





_________________


最近番外編多くね?って言う文句は受け付けません(((

どうしても書きたかったんですよ(((

てか今回の題名全部漢字だ←