第62話

告白?
心臓がバクバクして顔に熱が集まる。
不死川 実弥
不死川 実弥
……ッ……ばーか……
雪流 あなた
へ………?
目をゆっくり開けて先生を見上げる。
雪流 あなた
(耳………真っ赤だ///)
不死川 実弥
不死川 実弥
さすがに学校でやるわけねェだろォ。
不死川 実弥
不死川 実弥
てかお前、何?俺のこと好きなの?

まさか先生の口からそんな言葉が出てくるなんて思いもしてなかった。

私のことからかってんの?子供だと思って。
雪流 あなた
好きだよ何か文句ある!?

私はそえ言い放つと教室を飛び出して女子トイレへと駆け込んだ。
雪流 あなた
バカだ………私………///
雪流 あなた
あれはズルいよぉ、先生………///




_________________



__________



____
雪流 あなた
ポケー
甘露寺 蜜璃
甘露寺 蜜璃
あれは完全に………
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
何かあった時の顔ですね。




一方_______________



不死川 実弥
不死川 実弥
ッ………///
宇随 天元
宇随 天元
不死川〜何かあったか〜?
不死川 実弥
不死川 実弥
うるせェ………///



_________________


雨沙璃
雨沙璃
閲覧ありがとうございます!



○月○日

お気に入り400行ったってさ。

_________________

読者様に感謝。