無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話

下弦ノ壱 魘夢
629
2021/02/02 00:10
あなた
ッ!
あなた
ハァッハァッ
さっきのはなんだったの…?
わかったことは『嫌な予感』は当たるかもってことだよね…。
上弦の鬼も出るかもしれない…
竈門禰豆子
ムゥ…?
あなた
あ、禰󠄀豆子ちゃん!起きてたの?
竈門禰豆子
ム、
あなた
炭治郎君達寝ちゃってるね。
竈門禰豆子
ムゥ…
お兄ちゃんに構ってもらえなくて悲しいのか禰󠄀豆子ちゃんは悲しそうな声を出した。
あなた
そして、この縄は何…?
私の手には縄が付いていた。
あなた
そして、この子達は誰?
縄の先は少女の手。
見れば炭治郎君達も同じ状況だった。
竈門禰豆子
バチバチバチッ
あなた
え?
禰󠄀豆子ちゃんが縄を燃やしてくれた。
あなた
あ、禰󠄀豆子ちゃん、すごいね!ありがとう!
竈門禰豆子
ム〜
あなた
私、鬼を探してくる。禰󠄀豆子ちゃんは炭治郎君達をよろしくね。
竈門禰豆子
ムゥ!
あなた
みんなの縄も燃やしてあげて!
竈門禰豆子
ム、
あなた
また後でね!
上。上から鬼の気配を感じる。
あなた
よいしょっ!
私は窓から上に登った。
あなた
ッ!
やっぱりいた!
鬼だっ!


鬼がこちらを振り返った。


瞳の文字は…


『下壱』
魘夢
あれ〜?もう起きたの〜?早いね、
あなた
そうですか?お褒めいただき光栄です。
あなた
あなたの名前は?
魘夢
魘夢だよ〜
あなた
私は鬼殺隊・藍空あなた。今からお前の首を斬る!