無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

4,957
2020/04/12

第5話

5話(口調復活☆次回最終回!)
ピンポーン

インターホンの音が暗くなり始める住宅街に響き渡る。

今、僕は会長の家の前にいる。
ころん
ころん
.........会長..............
るぅと
るぅと
......だ、..、、すか?
ころん
ころん
会長.....!!!
るぅと
るぅと
!ころ............帰って...!!
ころん
ころん
え??ちょっと会長、聞こえな___
るぅと
るぅと
帰れ!!!!!!!!!!!
ころん
ころん
ぇ.......
...こうなったら最終手段☆

鍵空いてなかったらぶち壊そう☆

いや、まあ、それしかないじゃん。

どうか、開いていて。と願い、僕は扉のノブに手をかける。
ころん
ころん
あれ....開くじゃん
ころん
ころん
お邪魔しまーす.....
るぅと
るぅと
え、なんで............
ころん
ころん
ヒッ........
僕は一歩後ずさった。

何故なら、会長の姿がとても酷かったからだ。

パーカーの袖は血だらけで、左の手のひらには×印の縫い目。

顔色はまるで死人のように真っ白。

目の下の隈も凄い。
ころん
ころん
会長!?
放心してしまうといつの間にか会長はいない。

床を見ると、血が2階の方まで続いている。
ころん
ころん
...は、まさか..!!!!
るぅとside

ころんに見られた。

きっと幻滅しただろう。

____死にたい。

ころんが放心している隙に階段を駆け上がり、ある所へ向かう。

それは、屋根の上。

頑張ればよじ登れる。
るぅと
るぅと
.....寒っ
貧血だからか、それとも辺りの気温が低いのか分からないが、とりあえず寒い。
もういやだ。


こんな世界。





いっそのこと死んでしまおう。


どうせ、僕がいなくなっても変わらない。




るぅと
るぅと
ふふ.........はは、、あはは.....
るぅと
るぅと
アハハハハハハハハハハハ!!!!!!!
もういらない!

こんな世界!!

死のう

死のう







死んでしまおう!!!!!!!
僕は一歩踏み出す。


来世を願って。





ごめんなさい。


こんな僕が生まれてきて。


ごめんなさい。

沢山迷惑かけて。

でも、もういい。


僕はもう消えるから。

さよなら。

みんな。


今まで、こんな僕と友達になってくれてありがとう。

迷惑だったでしょ?


今、僕は死ぬから。

これでいいでしょ??










るぅと
るぅと
さよなら!!!!