第4話

マホト&imiga🔞
803
2019/03/17 11:05
私はカイワレハンマーのマネージャーをやってるんだ!
今日は新しい歌の練習をするからって言われてホテルに来たんだけどホテルの雰囲気がなんか違う
あなた

あのーここって普通のホテルですよね?

imiga
imiga
そうだよ( ﹡・ᴗ・ )b
imiga
imiga
(ラブホってことバレないよね…)
―――マホトとimigaのトークルーム
マホト
マホト
明日さ、歌の練習しね?
imiga
いいけどどこで?
マホト
マホト
ラブホで
imiga
は!?お前俺を襲うき?笑
マホト
マホト
あなた呼ぶ
imiga
え、何故?
マホト
マホト
あなたってさ可愛いじゃん?
前から襲いたかったんだけどタイミングが無くてね‪w
imiga
辞めた方が良いって
マホト
マホト
お前はどうなの?
imiga
そりゃ、あなたちゃんは可愛いけど襲われるところなんて見たくない
マホト
マホト
あの身体を見といて俺が理性抑えられると思う?
imiga
思わない
マホト
マホト
お前が前、勃起隠してるの丸見えだったぞ‪w
imiga
え、見えてた?笑
マホト
マホト
おう‪w
imiga
しょうがないでしょそれは‪wだってあなたちゃん見てたら抑えられるわけないじゃん
マホト
マホト
じゃあさ一緒に襲う?
imiga
お、おう
マホト
マホト
決まりだね
じゃ、明日
――――――
マホト
マホト
(んータイミングが難しい)
マホト
マホト
ピッ(暖房を強める)
あなた

なんか暑くないですか?

imiga
imiga
そーかなー、じゃこれ飲む?
(媚薬入りのお茶)
あなた

ありがとうございます

マホト
マホト
(小声)お前ナイスじゃん
imiga
imiga
(小声)なんかあったから笑
マホト
マホト
(小声)じゃ後はなり行くまま
imiga
imiga
(小声)りょ
あなた

そういえば、歌の練習ってどうするんですか?

マホト
マホト
今からやるー
音程確認してもらっていい?
あなた

はい!




―――数分後



あなた

(んー、あっつい)

imiga
imiga
あなたちゃん暑かったら脱いでいいよ
あなた

はい、ありがとうございます

マホト
マホト
(オフショルじゃん、そそられるー)
あなた

(なんか変な気分…)

imiga
imiga
リラックス出来るようにアロマたいとくね
マホト
マホト
おけー
imiga
imiga
あなたちゃん、肩凝ってない?
あなた

そうですかね?

imiga
imiga
うん、なんか疲れてそう肩揉むよ
あなた

ありがとうございます

ԅ( ˘ω˘ ԅ) モミモミ
あなた

ん…///(私、感じてる…?)

imiga
imiga
どしたの?
あなた

え、あ何でもないです
(揉まれる事にやばいかも)

マホト
マホト
あなたー足も凝ってるよね?
あなた

は、はい凝ってます

マホト
マホト
マッサージしてやるよ
あなた

あ、ありがとうございます

ԅ( ˘ω˘ ԅ) モミモミ
あなた

んぁっ///(声漏れちゃうよ〜しかもマホトさんの手つきが怪しいし…)

マホト
マホト
声我慢しなくてもいいんだよ?
あなた

は、はい///

あなた

(なんか、もっと暑くなってきた)

マホト
マホト
あなた凝ってるね下着になってさちゃんとマッサージさせて
あなた

いえいえ、そんな

あなた

んっ///

マホト
マホト
脱がすよー?
あなた

(さ、触らないでこのままじゃイッちゃう)

あなた

んぁっ///イクッ…///

imiga
imiga
だいじょぶ?上も脱がすよ
あなた

////

imiga
imiga
うわぁ綺麗な肌。
マホト
マホト
あなた、うつ伏せになって
あなた

は、はい///

マホト
マホト
マッサージしずらいから全部脱がすよ?
あなた

(//́Д/̀/)ハァハァ♡

スルッ
マホト
マホト
あれれれ〜imigaー濡れちゃってる〜
imiga
imiga
あ、ホントだ〜感じてたんだね〜笑
マホト
マホト
これはお仕置きが必要だ〜
あなた

アッ///

マホト
マホト
あなた、挿れるよ
ズブッ
あなた

アンッ///イクッ///

マホト
マホト
挿れただけでイっちゃった笑
imiga
imiga
あなた、俺のくわえて
あなた

ハァハァ……///
ハム…ジュルジュル………

マホト
マホト
動くね
パンパン……
マホト
マホト
ン……あなたしまるね
俺、イきそう…///
imiga
imiga
俺も……///
あなた

ンッ///私もイクッ

ドピュドピュ



3人同時に果てた
あなた

ハァハァ

マホト
マホト
俺まだいける
imiga
imiga
俺も
あなた

エッ

―――今日は帰れそうになさそうだ

プリ小説オーディオドラマ