第5話

マホト1🔞
954
2019/03/20 04:57
あなた

私は今、青春真っ只中の高校生!
名前は花崎あなた!恋愛経験とか無くて気になる人はいても手の届かない存在なんだよね(´;ω;`)

マホト
マホト
よぉ、あなた
この人は私の幼なじみで気になる人のまほっちゃん
あなた

まほっちゃんじゃん、こんな所まで来てどした?

私がいる所は学校のすみっこ地味地味ってよく自分で感じる。陰キャだからなぁ
マホト
マホト
んーあなたに会いたくなったから?笑
あなた

ドキッ

心臓がバクバクしてる笑
あなた

そんな事言っちゃ勘違いするよ?‪笑

マホト
マホト
あなたになら勘違いされてもいいよ笑
あなた

何、それ。

マホト
マホト
だから、これ俺からの愛情表現。
あなた

好きって事?

マホト
マホト
そういうこと…(照)
あなた

照れてる〜笑

マホト
マホト
照れてないから!‪
で、返事は?
あなた

あ、私も好きです

マホト
マホト
あらたまんなよ笑
あなた

(*´罒`*)エヘヘ、こういうの初めてだから

マホト
マホト
え!?お前初めてなの?
あなた

う、うん恥ずかしながら

マホト
マホト
_お前のようなカワイイ子が初めてだとは思わなかった_
あなた

ん?なんか言った?

マホト
マホト
いいや、何も
あなた

そっか

マホト
マホト
…ねぇ
マホト
マホト
付き合う事になったからさルール決めていい?
あなた

うん、いいよ

マホト
マホト
1、俺以外の男と話さない
2、スカートは履かない
3、俺以外の男のLINEブロック
4、出掛ける時は俺に了承を得る
5、出かけた際、必ず5分ごとに連絡
6、休日はいつも俺と一緒
7、俺の事だけ考えて
これだけ守ればいいから
あなた

(随分厳しくない?これが普通なの?)
了解です

マホト
マホト
ヨシヨシ( ´。•ω•)ノ"(っ <。)
いい子
――――――――――――
そして休日
あなた

まほっちゃんとのデート楽しみ♪

あなた

早く来ないかな〜

男の子A
お姉ちゃんお姉ちゃん、なんでニコニコしてるの?
あなた

え!?あ、これはね嬉しいことが起こるからだよ。

男の子A
いいなぁ、僕も嬉しいこと起こって欲しい('ᵕ')
ジロ
あなた

(あれ?視線感じたような)

男の子A
お姉ちゃんどうかしたの?
あなた

ううん、なんでもないよ^^

男の子A
僕と遊ぼうよ〜お姉ちゃんお願い
あなた

あー、ごめんね今人待ってるかr…

マホト
マホト
ごめんね〜、この子俺のこだからまたね
男の子A
分かったー!ばいばーい
マホト
マホト
ねぇ、あなた(¬ ω ¬)
あなた

何?

マホト
マホト
俺以外の男と話すなって言ったよね?
あなた

もしかして、小さい子もダメなの?

マホト
マホト
そうだよ、男だもん
あなた

そんなの聞いてないよ…

マホト
マホト
罰として俺の家来て
あなた

分かった



家に到着

ドサッ
あなた

なに?やめて

マホト
マホト
俺のモノになるために訓練させないとね
あなた

え、やめて、怖いよまほっちゃん

マホト
マホト
いいの
と言ってまほっちゃんはローターを取り出した


ブィーン
マホト
マホト
1時間これに耐えられたら少しぐらい約束軽くしても良いけど、1回でもイッてしまったらもう俺だけのモノ
あなた

やだ、やめて

マホト
マホト
ダメ、バツだよ
ヌプ
あなた

ンアッ

マホト
マホト
感じるの早いね〜もしかして自分でした事ない?
あなた

な、無いにンッ…決まってるよ

マホト
マホト
へぇー笑
俺出掛けてくるからこの部屋鍵かけておくね
あなた

ン、ちょっとやンァめて、

マホト
マホト
ばいばーい、耐えられるかな?

プリ小説オーディオドラマ