無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

ろくのさん
あなた

ねえ見て!お腹すいてコンビニ行ったらさこんなのあった!!!

何故かみんなは固まって空気も重かった。
あなた

ん?みんなー見えてるー??

松倉
松倉
おいおいおいおいおいおいおいおい心配かけんなよ
少し背伸びをして松倉が抱きついて来た。
あなた

え、なにきもいきもい

海斗
海斗
離れろ離れろ離れろ離れろ離れろ離れろ離れろ離れろ離れろ離れろ離れろ離れろ今すぐ離れろ
うみ
うみ
松倉海斗覚えておけよ
松倉
松倉
嫌!嫌!俺はあと1時間はこうしてる絶対!
あなた

きもいから、切実に

元太
元太
あなたが可哀想だから早く離れなさい
しーくん
しーくん
はい、引き離しまーす
松倉
松倉
ちょ、おいおいおいおいー
あなた

もう!何みんな変だよ

しめ
しめ
あなたが落ちてて出たったかと思って必死に皆んなで会議してたとこ
あなた

え?そんなーやめてよー私凄い元気だよ?




全部廊下で話聞いてた。
海斗
海斗
ほらね?待って正解でしょ?
のえる
のえる
まあ一件落着って事で撮影行くよ!ほら
うみは黙って私を見つめていた。
あなた

どしたの?うみ行かないの?

うみ
うみ
あなた無理しなくていいんだからね
優しい言葉と優しい手が私を包む。
あなた

何のこと!?無理なんてなんもしてないよ!

うみ
うみ
そう?俺には頑張り過ぎてるように見えるよ
そう言ってスタスタとスタジオに移って行った。

このまま抜け出したい何処かでそんな風に思っていた。