無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

さんのいち
活動を再開するまで私はメンバーの

リハ姿も本番もをひたすら見続けていた。
そんなある日
元太
元太
あなたご飯行こうー!
あなた

え、今日?

元太
元太
うん!
あなた

元太と2人でご飯とかTravis入ってから初めてじゃない!?

元太
元太
うんうん!行く場所は俺に任せて!
あなた

わかった!楽しみだな~

元太
元太
リハ着で行っちゃだめだよね流石に
あなた

元太ってさ汗かいた時めちゃめちゃいい匂いするよね

元太
元太
なにそれw
あなた

なんかねvolcanoのリハしてる時思ってたんだよねw

元太
元太
汗かいた時限定なんだねw
あなた

うんwからみあーうの時いっつも思う

元太
元太
じゃあリハ着で行っていいの?w
あなた

嫌だよ着替えてw

元太
元太
なんだよw
うみ
うみ
へぇ珍し
あなた

何、うみ急に

元太が着替えに行くとうみが私の元へやって来た。
うみ
うみ
元太とご飯?
あなた

うん!めちゃ急だったけど凄い楽しみ

うみ
うみ
元太とあなたが2人とか珍しいね
あなた

そうだね、しめと元太とはあんまり出掛けたことないからさ

うみ
うみ
大丈夫?
あなた

え?何が?

うみ
うみ
2人きりで
あなた

何が不安なのかわかんないけど全然大丈夫だよ?

うみ
うみ
なんかあったらすぐ連絡してよ?
あなた

え、なんか今日いつも以上に過保護だね

うみ
うみ
そう?
あなた

うん

元太
元太
何話してんの?
うみ
うみ
俺も行きたかったなあって話!じゃあまた明日
そっとアイコンタクトをとるうみ。
元太
元太
じゃあねー
あなた

何系?ご飯?麺?

元太
元太
そりゃあ、焼肉でしょ!
あなた

最高!!!!!

元太
元太
いこいこ
あなた

うん!

こんなに話すの久々だな
でも、ご飯中何一つ言葉を発さなかった。

強いて言うなら注文だけ。
あなた

げ、元太

元太
元太
ん?
少し鋭い目でこちらを見つめた。
あなた

美味しいね!

元太
元太
うん
すぐに目を伏せてご飯をかきこむ。
少々不安になり私から話を振った。
あなた

あ、明日の生配信楽しみだね!こっそり見てるから頑張ってね!楽しみだなぁ

元太
元太
あ、来るんだ
あなた

あ気散るか

元太
元太
うん
あなた

じゃあ明日はリハだけ見て帰るね!

元太
元太
リハもいいよ
あなた

元太
元太
あなたさTravisJapanに本当に居たいの?これからも
あなた

え、うんもちろん

元太
元太
よくわかんないんだよねぇぽっと出の癖にすぐグループに入ってさ
あなた

元太
元太
挙げ句の果てにグループの足引っ張ってデビュー遠のくし
あなた

ごめん

ごめんとしか言葉が出てこなかった。
元太
元太
わがまま聞いてくれるのもあなたが最年少で事務所から推されてるからだから
あなた

え?

元太
元太
地上波に出る仕事あなたにしか回ってないでしょ?
あなた

あ、

元太
元太
そーゆーことだから、わかった?
あなた

それを言う為に今日誘ってくれたの?

元太
元太
うん、もちろん
あなた

そっか…元太ごめんね

元太
元太
とりあえず辞めるかはっきりさせて欲しい。あやふやにだけはしないで。じゃ
お金を伝票の上に載せて去って行った。