無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

ごのに
松倉side
松倉
松倉
あなた何にもされてない?
あなた

ん?

松倉
松倉
だから元太にさ
あなた

あーそゆことね

松倉
松倉
うん
あなた

ちゃんと松倉も話した方が良いよ

松倉
松倉
え?
あなた

じゃあ私先に帰るね

松倉
松倉
ちょ、おい
あなた

うみー帰ろうー

うみ
うみ
うんー
何もないなら良いけどさ

そんな時だった元太が俺に近寄ってきたのは
元太
元太
なあ
松倉
松倉
ん?
元太
元太
ちょっと話せる?
松倉
松倉
うん
別室へ移ると俯きながら俺に話をしてきた。
元太
元太
俺はさ松松って紹介されたり応援してもらえるのが好きだった
松倉
松倉
うん
元太
元太
俺は戻りたいと思ってる
松倉
松倉
うーん戻るも何も俺らは松松じゃん?
元太
元太
え?
松倉
松倉
シンメじゃないからとか思ってんのかもしれないけど俺は元太と今の距離感で居たい
元太
元太
なんで?俺がペアだと気乗りしない?
松倉
松倉
なんかさあなたとは物事に対しての温度感?熱?が一緒なんだよ
元太
元太
俺とは合ってなかったの?
松倉
松倉
あなたってさどんな行動にも愛があるってゆーかさ感謝も忘れないし今回の雑誌のインタビューでも思ったけど
元太
元太
うん
松倉
松倉
デビューはタイミングが来たらって俺らは言ったのにあなたは次絶対デビューして今まで一緒に色んなこと乗り越えて来てくれたファンのみんなに恩返しがしたいって言ってたじゃん
元太
元太
うん
松倉
松倉
俺それ聞いてさ意識低かったなって思えたんだよねあなたは毎日のさりげない一言一言で俺を高めてくれる
元太
元太
…そっか
松倉
松倉
俺らが居る限り松松は生きるしさ、ただ俺は今のままあなたとシンメでやって行きたい
元太
元太
そっかー、あーあ何か直接聞いたら何かスッキリしたわ
松倉
松倉
そう?…てかさ、だからあなたに当たり強かったわけ!?
元太
元太
俺の居場所取られたって思っちゃって
松倉
松倉
そーゆーことかよぉ、ごめんな俺もちゃんとシンメ組み直したいって話すれば良かった
元太
元太
いや、もう良いんだあなたには本当に申し訳ない事した
松倉
松倉
あなたとはもう話したんだよな
元太
元太
うん
松倉
松倉
よし、じゃあ飯でも?
元太
元太
よーし今日は俺が奢ってやるよ
松倉
松倉
まぁじ!?ゴチでーーす
なんだ元太そーゆーことだったのかよ

何も気づかないで過ごしてたあなたも元太もごめんな。