無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

よんのに
元太side
俺は遊園地から帰ってしめをご飯に誘った。
元太
元太
なあしめ?
しめ
しめ
ん?
元太
元太
俺さグループ抜けたい
しめ
しめ
え、何言ってんの冗談でしょw
しめは笑いながら黙々とご飯を食べた。
元太
元太
本気だって
しめ
しめ
でも急になんで
元太
元太
あなたと上手くやれない
しめ
しめ
いや、今更?
元太
元太
え?
しめ
しめ
まつく取られたーって顔してるじゃんいつも
元太
元太
え、顔に出てた?
しめ
しめ
うん
元太
元太
でもさ皆んなあなたしか気にしてないし
しめ
しめ
俺が最年少になるはずだったのにって?構って欲しいってわけだ
元太
元太
いや、構って欲しいってゆーか松松が壊れたのが嫌ってゆーか
しめ
しめ
元太は松松が良くてもまつくはどう思ってるのかが重要じゃない?
元太
元太
そうだよね…
しめ
しめ
成り行きでシンメになったあなたが当たり強くされてもあなたはどうしようもないでしょ
元太
元太
んーだってさ
しめ
しめ
え、だからあなた辞めるとか言い出したわけ?
元太
元太
多分?
しめ
しめ
そーゆー事かよ、なら早くまつくと話して解決させなきゃだめでしょ
元太
元太
しめもあなたのことばっか
しめ
しめ
影でしずに頭下げてレッスンお願いして、自分は出ないのにリハ前に誰よりも早く来てTravisの格が自分のせいで下がんないようにって元太はした事ある?俺はないかもしれない
元太
元太
何それ俺は努力してないみたいな
しめ
しめ
女遊びも大概にしろって言っても容赦なくしてる人にはあなたも言われたくないと思うよ
いつになくしめは真剣だった。
元太
元太
それはさ…
しめ
しめ
デビューしてから痛い目合うんだよ努力も水の泡
元太
元太
あーーーー俺はまず何したら良いんだろう
しめ
しめ
まずは、まつくと話してみな
元太
元太
…うん
これからどうなるかはわからないけど

これまでとこれからについて自分なりに伝えたいと思った