無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

にのなな
うみside
うみ
うみ
松倉
松倉
松倉
ん?
うみ
うみ
あなた抜けたらどうしよう
松倉
松倉
俺のせいじゃん、はぁ無理
うみ
うみ
や、違う違う誰のせいでもないよ
松倉
松倉
俺が言わなければ良かったのに
うみ
うみ
もう少しで如恵留君とかも来るってさ
松倉
松倉
そっか


5分後

扉を開けて皆んなが入って来た。

珍しく1番焦ってるのはちゃかだった。
海斗
海斗
あなたは!?
うみ
うみ
まだ
海斗
海斗
俺行ってこようかな
のえる
のえる
落ち着こう
海斗
海斗
落ち着かない
元太
元太
とりあえず待とう
しめ
しめ
どうせ戻って来るよあなたTravisの事大好きだから
海斗
海斗
あなたは大好きだから辞めたいんじゃないの?
のえる
のえる
自分で自分のモチベ下げてどうすんの
海斗
海斗
だけどさ…あーもう無理だわ俺
しーくん
しーくん
信じよ
海斗
海斗
あいつ1番強気で1番繊細で1番メンバー想いで1番TravisJapanが大好きなの知ってんだろ
うみ
うみ
落ち着こう
海斗
海斗
無理だよダメだろこんなの
ちゃかの目に涙が浮かんでた。
そんな時だった社長室からはあなたが軽い足取りで出てきた。
海斗
海斗
あなた!
ちゃかは真っ先に近寄って抱き締めてた。

2人のこの空気は何気に初めて見た。

いつもちゃかは付かず離れずだったから

あなたに感情的に接してるのを見ると心がぽかぽかした。
海斗
海斗
どうした、どうなった、座る?一回座るか?
そっと離れて向かい合うとまたも珍しく過保護に接するちゃか。
あなた

なんで皆んな居るの?

海斗
海斗
あなたが社長室行ったって聞いたから焦って飛んできたんだよ!
あなた

そっか皆んな私のこと大好きだね

海斗
海斗
当たり前だろ
のえる
のえる
ちゃか一旦落ち着こう
海斗
海斗
お、おおおあ、ごめん
松倉
松倉
あ、あのさぁあなた辞めんの?
海斗
海斗
おい松倉そんなストレートに聞くな
うみ
うみ
辞めるなら辞めろ見たいに言ってた奴が1番焦ってんじゃん
海斗
海斗
鋭いとこつくなぁおい
のえる
のえる
で、あなたどうするか決めたの?
あなた

一度TravisJapanでの活動とは距離置こうと思って

海斗
海斗
うんうんうんうんいいよ休みな、抜けるわけじゃないって事だよね
あなた

…うん

あやふやな返答に俺らは目を見合わせた。