無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

にのさん
しーくん
しーくん
なああなた
あなた

次はしーくんか

しーくん
しーくん
うん、あなたはさ初めて?こーゆーの
あなた

うん

しーくん
しーくん
俺はね言われても笑って流してたよ?
あなた

え?

しーくん
しーくん
笑ってたらね皆んなも一緒に笑ってくれるから全然平気だったよ?だからあなたも
あなた

でもさ

しーくん
しーくん
でもじゃなくて、あなたがそーゆー態度取るから皆んなもどうしていいかわからなくて励まして空回りしちゃってるんだよ?
あなた

しーくん

しーくん
しーくん
あ別に泣かせたくて言ってるわけじゃないよ、ごめんごめん
あなた

ううん、違うしーくんってやっぱりぱぱだね!

しーくん
しーくん
え?
あなた

ありがとう

この時ふわっと笑った顔を見て閑也がときめいていた事は

ここだけの話。
しーくん
しーくん
じゃあ、戻れる?
あなた

うん!まあ松倉にはどんな態度とれば良いかわからないけど

しーくん
しーくん
っはははは、いいんじゃない?
あなた

え、そう?

しーくん
しーくん
うん、ほら行くよ
あなた

うん