無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

にのいち
あなた

ねえまたこの人エゴサしてる

うみ
うみ
どーせ松倉海斗かっこいいとかで検索してんだろ
松倉
松倉
ちげぇよ、松倉で検索してんだわ
のえる
のえる
それ不憫としか出てこないでしょ
松倉
松倉
いやいや、ちゃんと可愛いとか載ってっから
あなた

エゴサとかした事ないな

うみ
うみ
あなたはしなくて良いよ
あなた

でも何か気になる

うみ
うみ
じゃあ俺が検索してあげるからあなたはしちゃだめ
あなた

え?なんでさ!

のえる
のえる
あなた落ち着いて
あなた

だってさ?うみそんなに冷たくなかったのに

うみ
うみ
俺はあなたを思って
あなた

いっつもうみって過保護

うみ
うみ
いや過保護とかじゃなく
あなた

のえる以上に過保護

のえる
のえる
おっと、それは俺も過保護って事かな?
あなた

うん!もちろん

のえる
のえる
あなたそんな笑顔で言うもんじゃないよ
あなた

のえるはエゴサする?

のえる
のえる
テレビに出た時くらいかな
あなた

やっぱりするんだあ

のえる
のえる
世間様の目も知っておかなきゃね
あなた

だよね!じゃあ私も見る

うみ
うみ
やめろって
あなた

なんでーーー!!!!

松倉
松倉
だからぁあなたは悪く言われてんだって
うみ
うみ
おい松倉
海斗
海斗
何のために海人が止めてたんだよ、お前はまったく
松倉
松倉
だって、いずれ知る事じゃん
あなた

松倉にだけは言われたくなかった

あなたは控え室からとぼとぼ出て行った。
松倉
松倉
うみ
うみ
ほらね、松倉お前ここで反省してろ