無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

ごのよん
あなた

元太ー

待ち合わせ場所に行くと元太は何処かを眺めていた。
元太
元太
おはよう!いいねその感じいつもと雰囲気ガラッと違う
あなた

そう?てか今何見てたの?

元太
元太
や、あそこにいる子供可愛いなぁって
あなた

ほんとだ!可愛いねぇ

元太
元太
じゃあ早速行く?
あなた

うん!行く行く!

元太
元太
あなた古着好きだけど匂い嫌であんまり買わないようにしてるって前言ってたじゃん?
あなた

え、よく覚えてるね!

元太
元太
でさ、今日見せたいお店は全然臭く無いと思うから安心して入って
あなた

わかった!でもさこんなに外観かわいいのに中は古着なんだね

元太
元太
そう、そこがポイントだよ


楽しく話をしながら歩いているとずっと

同じスピードで足音が聞こえるの事に気づいた。
あなた

ねえ元太

元太
元太
ん?
あなた

誰か来てるよね

元太
元太
うん俺も思った
あなた

見てみる?それとも走る?

元太
元太
チラ見する
あなた

じゃあ私はガン見

元太
元太
それはダメだろ笑笑
元太と私は少し後ろを見た。

するとそこには
あなた

松倉!?

元太
元太
そーかと思ったけどさ流石に怖かったよな?
あなた

怖い松倉何しに来てんの

松倉
松倉
俺も丁度この先の店に用があってさ、あー2人とも奇遇だなー
あなた

ついてきたんでしょ、ばっちりグレーだし

松倉
松倉
え?あー会っちゃったし一緒に行く?仕方ねぇなぁ
元太
元太
あなたあっちにね新しいカフェあるんだあ
あなた

え!そうなの!?

元太
元太
ぜっっっったい気に入ると思うよ!
あなた

楽しみ!!

元太
元太
行こっか
あなた

うん!

割り込んで来た松倉を避けて2人でカフェへ向かった。
松倉
松倉
なあなあ、おーーーい聞こえてるー?
元太
元太
なんか今日あったかいね
あなた

なんならちょっと暑いもん

松倉
松倉
俺汗拭きあるよ使う???あなた
元太
元太
俺上着持っててあげるから少しの間脱いでたら?
あなた

ほんとに!?ありがとう元太優しいなあ

元太
元太
元からでしょ??
あなた

んーーーーーーー

元太
元太
もう、そんな目で見ないでって笑
あなた

元太とこんなふうにお出掛けできるなんて思ってなかったから嬉しい

元太
元太
え、何急に
あなた

元太とはグループ組む前しょっちゅう遊んで貰ってたけど組んでからは色々あったし

元太
元太
あなたそんなに俺の事好きだったんだね
あなた

もちろん!知らなかったの??

元太
元太
ぜんっぜん!
あなた

うわー一方通行かー

松倉
松倉
お、俺はーー
あなた

元太、そろそろお店行く??

元太
元太
そうしよっか
松倉
松倉
おい!流石に構えよ!
あなた

今日は元太と2人で遊ぶって言ってたのに勝手に着いてきて勝手に拗ねて何がしたいわけ!

元太
元太
まあまあまあ、一緒に行こう
松倉
松倉
元太はわかってんなぁ
あなた

その場凌ぎって言葉知らないの?

松倉
松倉
あなたそんな怒んなよ
あなた

別に怒ってませんけど

その後、服を見ていても空気は悪いまま。
元太
元太
あなた?帰る?
あなた

うん、また今度2人でここ来ない?

元太
元太
いいよ!じゃあ送るね
あなた

あ、いいよ松倉いるし

松倉
松倉
……
元太
元太
いいの?大丈夫?
あなた

うん!大丈夫!なんかあったらうみ居るし

元太
元太
え?
あなた

あ、呼んだらすぐ飛んできてくれるからってこと

元太
元太
そーゆーとき必ずうみんちゅに言ってんの?
あなた

うん、なんかある度うみに報告してる

元太
元太
俺は?頼りない?俺だって頼ってもらいたいし言って欲しい
あなた

頼りないわけじゃなくてさ、そのなんかうみってお兄ちゃんみたいじゃん?だからさ

元太
元太
俺は?
松倉
松倉
元太そこまでにしとけって帰れないじゃん
元太
元太
あ、そっか…じゃまた今度ね
あなた

うん…今日はありがと!じゃあね



駅まで歩くとホームにしめがいた。