無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

322
2018/05/21

第7話

#05



何も考えずに出て来たけど…行く宛なんてなかった。
あなた

どーしよ…

???
こんな時間に何やってんの??
???
君何歳??可愛いねぇ~俺たちと遊ばない??
あなた

いや…あの…だいじょぶです…待ち合わせなので。(震え声

???
ギャハハっ可愛いね~震えちゃってるよ~ギャハハっ
???
とりあえず行こっか。
あなた

(腕掴まれる)ちょっ!!!!!!
離して!!!!!!いやっ!!!!!!

マホト
マホト
お前ら、何やってんの??嫌がってんの分かんないわけ??
???
はぁ?!お前らに関係ないだろっ
ジン
ジン
それが関係あるんだよね~。その子俺らの連れだからさ~。
サグワ
サグワ
あーあーあ。何やってくれてんの?俺らの大事な姫に。
カイト
カイト
(あたしに近付いてくる)名前は?(ボソッ
あなた

あなた…(ボソッ

カイト
カイト
あなた~大丈夫か??ごめんな。俺が手離してもぉたからやな…
サグワ
サグワ
もーカイト何やってんだよ!!ちゃんと姫守るっていうからカイトに任せたのに!!
カイト
カイト
ごめんごめん…怖かったな…??
あなた

だ…だいじょぶ…

???
おい!!お前らコッチのこと忘れてねぇか?💢
ジン
ジン
あれ??まだ居たの??ごめん。影薄くて気付かなかったわ。
???
あ"ぁ"?!
マホト
マホト
それ以上俺らに近付くな。近付いたらお家帰れないかもね~♪
???
…。ちっ。
おい。お前ら。行くぞ。


何なんだろ…誰なんだろ…この人達…



それが、4人との出会いだった。