無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2
すとぷりside
ななもり
ななもり
よし、みんな準備はいい?
すとぷり
すとぷり
( ・∀・)b OK!(ななもり以外
今、俺たちは〇△ビルに向かおうとしている
弱いやつらばっかりな場所だけど久しぶりの依頼だったから少し楽しみだ
るぅと
るぅと
あれ?
ななもり
ななもり
どうしたの?るぅとくん
るぅと
るぅと
今、もう1度調べてたんですけど
〇△ビルに殺し屋「悪魔」も来るらしいですよ
るぅと
るぅと
もちろんビルの人を殺しに
ころん
ころん
ねぇーるぅとくん
ころん
ころん
殺し屋「悪魔」って誰?
すとぷり
すとぷり
は?(ころん以外
ころん
ころん
へ?
さとみ
さとみ
いや、へ?じゃないよ
ジェル
ジェル
お前殺し屋「悪魔」も知らないの
莉犬
莉犬
さすがの俺でも知ってるよ
ななもり
ななもり
殺し屋「悪魔」っていうのはね
無差別に人を殺したりはしないけど、殺し方が残酷で部屋中が血だらけになるぐらいなの
るぅと
るぅと
そうです
性別・顔・出身地・武器など殺し屋「悪魔」について知ってる人は居ないんです
ころん
ころん
へー
すごい殺し屋って事だね
莉犬
莉犬
俺戦いたい!
莉犬
莉犬
すっごく面白そう!
ななもり
ななもり
でもさ、取りあえず〇△ビルに行こうよ
すとぷり
すとぷり
そうだね(ななもり以外
〇△ビルに到着
ななもり
ななもり
よし!
正面から突撃だ!
バン【ドアを蹴破る】
シーーン
さとみ
さとみ
ねぇ・・・なーくん
さとみ
さとみ
静かすぎない?
ななもり
ななもり
うん・・・
ジェル
ジェル
とにかく進もう
そして俺たちはホールに通じる扉の前まで来た
ここまで来るのに誰にも合わなかった・・・
さすがにおかしい・・・
逃げられたかな?
バン【いきよいよく開ける】
すとぷり
すとぷり
え・・・
俺たちが見たのは殺され血だらけになって横たわっている沢山の人とその真ん中に立っているやつが1人
すとぷり
すとぷり
お前が・・・
殺し屋「悪魔」
あなたside
私は殺し屋「悪魔」と呼ばれている
理由は簡単、殺し方が残酷だから
でも、私は人を殺しても何も感じない・・・
あの時から・・・
あの日・・・身体が勝手に動いて人を殺してしまった時
大人はその事を信じないで私を捕まえた
初めは辛かった、悲しかった・・・
でも、ある日プツンと音がして何も感じなくなった
それから私は逃げて殺し屋を始めた
そして今日も殺し終わった所で他の奴らが来た
あなた
あなた
(カラフルな人達)
あなた
あなた
(死にたいのかな?)
※あなたはフードを被っているので顔が見えていません
すとぷり
すとぷり
お前が・・・
殺し屋「悪魔」
あなた
あなた
(なんだ、私の事知ってんじゃん)
あなた
あなた
(本当に死にたいのかな?)
あなた
あなた
(今すっごい1人になりたいんだけど)
あなた
あなた
(じゃまだな・・・この人達)
あなた
あなた
ねぇ・・・
すとぷり
すとぷり
!!!
あなた
あなた
ここから出てって
あなた
あなた
そしたら、命だけは助けて上げる
あなた
あなた
どうする?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回はここまでです!

それでは・△・)ノ バイバイ