無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

15
あなたside


なんだろう.......

みんなの様子がおかしい気がする.......

なんで分かるんだろう、殺し屋をやってたからかな?

あなた
あなた
ねえ.......
あなた
あなた
皆どうかした?
あなた
あなた
やけに静かだけど?
あなた
あなた
キリに何かされた?
すとぷり
すとぷり
いや、みんな疲れているんだよ
あなた
あなた
そっか.......
「疲れてる」って.......
キリに会ってからもうすぐで1時間たつのに.......
まだ疲れるんだ、一応殺し屋だよね
||☆\“(・_・。)コンコン
あなた
あなた
誰かが玄関をノックしている
誰も出ないのかな?
あなた
あなた
私が出るね
すとぷり
すとぷり
うん
そして、私は玄関に向かう
ドアノブを少しまわして、ふと思った
この場所はすとぷりのアジトだ
誰が来るんだろう

そしてドアが開いてそこに居た人物は.......
私のことが嫌いで、私も嫌っている

キリだった

なんで?
来ないんじゃないの?
キリ
やっほ、久しぶり
あなた
あなた
なんで.......
お前が.......
キリ
そこの人達に聞けば?
そう言ってキリが指さした所に居たのは

すとぷりのみんなだった
あなた
あなた
え.......
あなた
あなた
どうして.......
キリ
そいつらが手伝ってくれたんだ
キリ
さっ、大人しくしててね
あなた
あなた
ん.......
また、睡眠薬.......
キリに連れてかれる.......

意識がもうろうとして、皆を見る
キリを止めようともしない

ねぇ.......なんで?
君達だけだったんだよ?

君達を信用したのに

君達のおかげで感情が戻ったんだよ?

なんで?
なんで.......

涙を流して私は意識を手放した


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回はここまでです!

それでは・△・)ノ バイバイ