無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5
あなたside
今日も〇△ビルで殺しの仕事
前もこのビルを使ってた組織を潰したけど、また新しい組織が使い始めて・・・
その組織が薬物とか色々してるから殺しに来た
あなた
あなた
(人間ってバカだな)
周りに転がっている死体を見て思う
始めは誰だって私を殺しに来る
弱そうだからと
でも私が殺し屋「悪魔」だと知ったら命ごいをしてくる
そういう奴らは大嫌い
だかわ殺し方も残酷になる
あなた
あなた
(服がベッタベタ、着替えたいな)
あなた
あなた
(帰ろっと)
バン【扉が開く】
あなた
あなた
??
ころん
ころん
やっほー悪魔さん
莉犬
莉犬
また会いに来たよー
あなた
あなた
・・・・・・
あなた
あなた
私は言ったけど
あなた
あなた
次会ったら殺すって
あなた
あなた
仲間に言ってないの?
あなた
あなた
リーダーさん?
ななもり
ななもり
いやー言ったけどねー
ジェル
ジェル
やっぱ、負けっぱなしは嫌だから
あなた
あなた
じゃあ・・・
あなた
あなた
手加減なんかしないよ?
そう言って私は構えた
このカラフルな人達を殺すために
るぅと
るぅと
ま、待ってください
莉犬
莉犬
俺たちは君と話がしたいの
あなた
あなた
話?
ころん
ころん
そう、どうしてそんなに強いのかなって
ジェル
ジェル
ぜひとも教えてもらいたいなって
ななもり
ななもり
ダメかな?
あなた
あなた
・・・・・・
なんか・・・おかしい

さっきまで「負けっぱなしは嫌だ」って言ってたのに、今は「戦い方を教えてもらいたい」って・・・
矛盾してるっていうか、不自然っていうか


そもそも、この人達って5人だっけ?
ここに5人しかいない・・・
あと1人、桃色がいた気がするんだけどな・・・
さとみ
さとみ
バッ【あなたの口をおさまえる】
あなた
あなた
っ!
やばい・・・睡眠薬かな
驚いて吸っちゃったからな・・・

私・・・殺されるんかな
だって殺し屋「悪魔」を殺したら名を挙げられるし、大きな組織からの依頼もくる
メリットしかない
あなた
あなた
(意識を保たないと)
あなた
あなた
(眠っちゃダメ・・・)
そう思っても薬には勝てない

私の意識は暗闇へと落ちていった
すとぷりside
目の前には悪魔と呼ばれる殺し屋が眠っている
さとみ
さとみ
まさか、上手くいくとはね
ジェル
ジェル
ただ単に運がいいだけだろうね
莉犬
莉犬
でも、どうするの?
この後
ころん
ころん
やっぱり・・・殺す?
るぅと
るぅと
悪魔を殺したとなれば名を挙げられますもんね
ななもり
ななもり
そうだね
ななもり
ななもり
でも殺す前にフード取って顔見てみない?
すとぷり
すとぷり
いいね(ななもり以外
パサ【フードを取る】
すとぷり
すとぷり
え・・・
悪魔・・・いやフードを取った顔は・・・

キリさんから見せてもらった写真の女の子
ころん
ころん
あの写真の子だね・・・
さとみ
さとみ
殺したらダメだな
るぅと
るぅと
取りあえず、アジトに連れて帰りましょう
すとぷり
すとぷり
うん(るぅと以外
まさか、こんなに早く見つかるとは・・・

一石二鳥かな?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回はここまでです!

それでは・△・)ノ バイバイ