無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

147
2021/06/01

第2話

俺にも優しくしてくれますか?
無理やりその男性を家まで引っ張って来てしまった。てか、誘拐だと思われているのでは?
私
とりあえずシャワー浴びて来てください
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
え?俺に言いました?
私
他に居たら幽霊ですよ
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
そうなんですけど…俺に優しい人なんて初めて見たから
私
あんな大雨の中ひとりぼっちだったら誰だって声掛けますって。とりあえずあなたはシャワー!
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
あっ、はい!
ほんとに変な人が居るもんだ。わざわざ家まで引っ張って連れてきたのにシャワーも浴びさせず帰らせる人が居るだろうか?
私
ご飯食べません?私もまだなんですけど
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
え!?シャワーを貸してくださった上にご飯!?
私
あぁ、やっぱ元彼のシャツピッタリですね
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
あの、えっと、俺には恐れ多くて。ご飯食べさせてもらえる時はだいたいリード繋がれて床で食べてたから
私
は?うん?どういう仕事してきたんですか?
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
え?いやっえっと別に忘れてください
今の衝撃的な発言を誰が忘れられるだろうか
私
ま、とりあえずご飯!あんな公園にいたぐらいだから満足に食べてないんじゃないですか?
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
えっとお名前伺ってもいいですか?
私
あなたです。ちなみにお名前は?
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
加藤成亮です
私
あっ、ご飯冷めますね。どうぞ。それじゃいただきます
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
いただきます
数十分後…
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
あの、俺帰りますね
私
いや、今日は泊まってください
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
でも悪いし
私
洋服も洗濯しますから
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
後で体で返せとか言いません?
私
まさか!言いませんよ
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
じゃあ、お言葉に甘えて
寝る準備をして
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
俺フローリングでいいので
私
ベッドにどうぞ
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
ほんとに、ほんとにフローリングで
私
むしろ一緒に寝ます?
さすがに初対面の得体の知れない男性と添い寝はとも思ったが大変そうだから
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
ほんとにいいんですか?
私
はい、もちろん
その後私は狭さを感じたがいつもベンチで寝ているであろう加藤さんは感じなかったようで開始3分くらいで寝てしまった