プリ小説

第12話

第十二話(永瀬廉)
〜次の日の夜〜(はい、ホンマにごめんなさい。(笑))
廉
あなたー、寝よー
私
うんー、廉とのは、覚えてた!
優太
優太
俺のことは全然覚えてなかったのに…
私
別に、覚えてたよ…!
優太
優太
へーー
私
じゃあ!寝ますわ!
〜あなたの部屋〜
私
なんか、話そうよ?
廉
いいよ
私
質問してもいい?
廉
別にー、いーけど。
私
何で、泊まりってなったときにあんなにはしゃいでたの?
廉
え、ーと、
廉
(あなたと、寝れると思ったから、なんて言えない///)
私
はーやーくー
廉
じゃあ、俺の質問に答えて?
私
分かった!そしたら、教えてくれる?
廉
うん、答えてくれたらね。
私
質問って何?
廉
あなたって神の事、好きなの?
私
えっ、何で?
廉
そう思ったから。
私
えー、うーん。っとね、
廉
早く答えて。
私
気には、なってる…///
廉
そっか。答えてくれてありがとう、
私
うん…///
廉
じゃあ、俺もさっきの答え、教えるね。
私
うん、
廉
それはね…
廉
グイッ(服を引っ張られる)
私は、びっくりする暇もなく…






















































































































キスをされていた…














































えっ
私
(今、何が起こったの。)
廉
こーいうこと。
私
えっ
廉
ごめん…俺さ…ずっとあなたの事、好きだったんだ。
私
えっ、
廉
おやすみ
そのまま、私たちは寝た…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ai☆
ai☆
king&Prince・岩橋玄樹くんが大好き❤
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る