無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

124
2021/03/26

第8話

七話 ピンチ?
暫くすると、出陣組や遠征組が本丸へ帰還する。その間、俺はすれ違う刀剣男士に声を掛けられたりして話をしていた。
加州清光
加州清光
あれ?アンタが新しい刀剣男士?
灰峰
灰峰
うん、そうだよ。あなたです、宜しく
加州清光
加州清光
俺は初期刀の加州清光。宜しく。明日は初陣なんだって?第一部隊隊長として俺も一緒に行くからよろしく
灰峰
灰峰
(生加州君可愛えなぁ)
灰峰
灰峰
加州君赤色似合うよね。努力家だし流石だわ
加州清光
加州清光
え、何いきなり。てか、その見た目のアンタが言うんだ
加州君に言われ、今の自分の姿も美形刀剣男士であるのを思い出す。その気は無かったが、加州君には嫌味に聞こえてしまっただろうか。いやいや、本当の姿でない限り、加州君の方が色んな意味で可愛さが勝っているのは事実だ。
加州清光
加州清光
けどアンタ、見かけによらずあっさりした口調してんだね。刀剣男士って見た目と中身一致してない奴割といる気もするけど……
灰峰
灰峰
ほう?なら、僕がどんなタイプだと?
加州清光
加州清光
山姥切長義をマイルドにした感じ
灰峰
灰峰
はは!そりゃ良い!ちょっと今口調迷子なんだよね
加州清光
加州清光
何それ。変なの。でも良いんじゃない?折角顕現したんだから、新しい自分を此処で形作っても
加州君はそう言って、夕空を見つめながら切なそうに笑った。
新しい自分を形作る……なら、加州君達はこの本丸で自分達をどんな風に変えようとしているのか。もしくは変わったのか。
良い意味でも悪い意味でも捉えられる。
灰峰
灰峰
加州君は何か変わったことでもあるのかい?
加州清光
加州清光
うーん……変わるって言うか、このままで良いのかなってのはある。ごめん、あんま気にしなくていいから。こっちの話だし
灰峰
灰峰
ほー……
加州清光
加州清光
もうすぐ夕餉みたいだし、その前に風呂入っちゃいなよ。多分そろそろ皆入る頃だろうし
その言葉で俺は笑顔のまま固まった。
……刀剣男士と風呂?確かにこの姿だし、それが当然かもしれないが、入りづらい。
後、厠もどうしようか。否、厠ならまだ自分のことだし何とかなるが、刀剣男士と風呂は少々抵抗がある。彼等が悪い訳では無いのだが……
灰峰
灰峰
(そもそも、同性でも裸の付き合い自体そんな好きじゃないしな……)
加州清光
加州清光
じゃあ俺は部屋戻るから
灰峰
灰峰
お、おう……また後で
灰峰
灰峰
(さて、どないしましょ)