無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

アイノカタチ
10
2022/06/30 09:00
それぞれのカタチがあったっていい、そう思わせてくれたのは他の誰でもない、恋人だった_____
N
どうしたんだい?りほちゃん
そんなおっかい顔してからに
R
見てわかるでしょ?
N
なんで怒ってるのかよかったら聞かせて
閉じたパソコンをもう一度開いて、指を差す







「にこちゃんは可愛いけど、隣なに……w」



「にこちゃん一人でやればいいのに」
そんな心無いコメントを二度も見て、また悲しくなった



それと同時に怒りが込み上げてきて、パソコンを思いっきり閉じた





物に罪はない、のに







そんな様子を同じく編集していた西に見られていたらしく、さっきのコメントを見せる
N
このアンチ分かってないなー
R
は?
N
うちがりほじゃなきゃ駄目なのに
R
なにそれ…
N
耳の穴かっぽじってよく聞きなよ?
そのまんまだよ!
プライベートも動画でも全部
あんたじゃなきゃやっていけないし、生きていけないって言ったんだよ
R
………っ
N
それに、そもそもこんなのに腹立つくらいならあんたもうちに言えっつーの
あんたの恋人はうちでしょ?
違うの?
R
ちがっ、わない…
西の珍しく怒ってる姿に、うちの怒りはどっかに消えてしまって思わず怯えてしまった
N
あんたはうちだけ見てたらいい
うちだけの言葉しか聞かなくていい
あと!もっと自分に自信もて!
そこら辺に居る人たちなんて目に入らないほど、あんたはいい女なんだから
R
…わかった
N
それでよし!
ニコッと笑って、頭を撫でられる
R
ありがと…
聞こえるか聞こえないかの声量で呟いてみた
N
あいしてんよ
と返ってきた
それぞれのカタチがあったっていい、そう思わせてくれたのは他の誰でもない、恋人の言葉だった_____
あのね大好きだよ 何万回も伝えよう
温かく増えた 想いは 全部
アイノカタチです
ずっと ずっと 大好きだよ
あなたが心の中で 広がってくたび
愛が溢れ 涙がこぼれるんだ
星の数ほどの中 ただ一人の
あなたが 心にいるんだ

あのね あのね ずっと大好きだよ
大好きだよ ああ ありがとう